日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapDrive for UNIX で選択的 LUN マップを使用する

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

clustered Data ONTAP 8.3 以降では、すべての新しい LUN マップで Selective LUN Map ( SLM ;選択的 LUN マップ)がデフォルトで有効になります。新しい LUN マップを作成すると、その LUN を所有するノードとその HA パートナーにあるパス経由でのみ LUN にアクセスできます。

デフォルトでは、 Storage Virtual Machine ( SVM )のすべての LIF から LUN にアクセスできます。ネットワーク内の各クラスタノードの SVM に LIF を割り当てる必要があります。クラスタのノード数が増えると、使用可能なパスの数にも影響します。その結果、 LUN へのパスの数が多すぎる、ホストごとに複数の igroup を作成する、停止を伴う移動イベントが発生する可能性があります。SLM は、 LUN を所有するノードと HA パートナーノードへの LUN のアクセスを制限することで、これらの問題を解決します。ホストごとに 1 つの igroup を作成し、ポートセットの操作や LUN の再マッピングを必要としない無停止の LUN 移動処理もサポートします。

注記 clustered Data ONTAP 8.3 より前のバージョンで作成された LUN マップには、 SLM は自動的に適用されません。

LUN を所有するノードから LUN にアクセスする場合は、「アクティブな最適化」というパスを使用します。 ただし、 HA パートナーノードから LUN にアクセスする場合は、「最適化されていないアクティブな」パスが使用されます。

SnapDrive コマンド 説明

SnapDrive LUN showpaths_long_lun_name_`

lun showpaths` コマンドは、 SnapDrive へのすべてのパスをリストします。また、アクティブな最適化されたパスと、最適化されていないアクティブなパスも表示されます。

`_long_lun_name は LUN の名前ですLUN を指定しない場合、すべての LUN に対して処理が実行されます。

snapdrive lun showpaths
lun path            device filename                   asymmetric access state
------------------------------------------------------------------------------
vs1:/vol/vol2/lun10  /dev/mapper/3600a09807746505a4e24455450473655   Non-optimized
vs1:/vol/vol2/lun2  /dev/mapper/3600a09807746505a4d3f455432474b30    Optimized
vs1:/vol/vol2/lun1  /dev/mapper/3600a09807746505a4e24455450473656    Optimized

SnapDrive LUN fixpaths_long_lun_name_`

lun fixpaths コマンドは、少なくとも 1 つのアクティブな最適パスが設定されていない LUN のパスを修正しようとします。 SnapDrive

`_long_lun_name は LUN の名前ですLUN を指定しないと、アクティブな最適パスが 1 つでもないすべての LUN に対して処理が実行されます。

snapdrive lun fixpaths
The following LUNs are using Non-optimized paths
-------------------------------------------------
vs1:/vol/vol2/lun10

Path correction successful for the following LUNs
--------------------------------------------------
vs1:/vol/vol2/lun10
注記 SnapDrive LUN fixpaths コマンドは、ゲストオペレーティング・システムでは機能しません。

lunpath monitor-frequency' パラメータを使用すると 'UNIX 用 SnapDrive が LUN のパスを自動的に修正する頻度を指定できますデフォルト値は 24 時間です。

SnapDrive LUN fixpaths の処理に失敗すると、すべての LUN について AutoSupport ( ASUP )メッセージが生成されます。ASUP メッセージには次の詳細が含まれています。

  • ComputerName の略

  • eventSource

  • AppVersion (アプリバージョン)

  • イベント ID

  • カテゴリ

  • 件名

ASUP メッセージの例を次に示します。

computerName="owhyee"
       eventSource="snapdrive"
       appVersion="5.2.2 for UNIX"
       eventID="6"
       category="lun path"
       subject="Paths are misconfigured for the Luns /vol/June12v1/LUN2 in storage system sdu_100_101_60_62_vs1 on owhyee host."
  • 関連情報 *