日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexClone ボリュームとは

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

フレキシブルボリュームクローン FlexClone は、親フレキシブルボリュームのポイントインタイムコピーです。FlexClone ボリュームは、クローン作成後に親フレキシブルボリュームに加えられた変更を継承しません。

Data ONTAP FlexClone テクノロジを使用すると、データボリュームを瞬時にレプリケーションできます。作成時にストレージスペースを追加する必要はありません。各クローンボリュームは透過的な仮想コピーであり、製品やシステムの開発テスト、バグ修正、アップグレードチェックなど、さまざまな処理に使用できます。

FlexClone テクノロジは、オーバーヘッドを最小限に抑えてスペースを大幅に削減します。このテクノロジを使用すると、より多くのデータセットの組み合わせを、より短時間で、より少ないリスクで管理できます。FlexClone ボリュームでは、デフォルトで書き込み予約は行われません。SnapDrive 4.1 for UNIX は、 NFS 環境と SAN 環境で FlexClone テクノロジを使用します。

注記 FlexClone ボリュームは Data ONTAP 7.0.x 以降でサポートされていますが、 Data ONTAP 7.2 以前を実行しているストレージシステム上の vFiler ユニットではサポートされていません。