日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Web サービスおよびデーモンとは

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX Web サービスは、ネットアップのすべての SnapManager 製品とサードパーティ製品を統一したインターフェイスで、 SnapDrive for UNIX とシームレスに統合します。SnapDrive for UNIX でコマンドラインインターフェイス( CLI )コマンドを使用するには、デーモンを開始する必要があります。

各種のネットアップ SnapManager 製品は、コマンドラインインターフェイス( CLI )を使用して SnapDrive for UNIX と通信します。CLI を使用すると、 SnapManager および SnapDrive for UNIX のパフォーマンスと管理性に制約があります。SnapDrive for UNIX デーモンを使用する場合、すべてのコマンドは一意のプロセスとして機能します。デーモンサービスは、 SnapDrive for UNIX コマンドの使用方法には影響しません。

SnapDrive for UNIX Web サービスを使用すると、サードパーティ製アプリケーションを SnapDrive for UNIX とシームレスに統合できます。API を使用して SnapDrive for UNIX と連携します。

デーモンを開始すると、 SnapDrive for UNIX デーモンは最初にそのデーモンが実行されているかどうかを確認します。デーモンが実行されていない場合は、デーモンが開始されます。デーモンがすでに実行されている場合に起動しようとすると、 SnapDrive for UNIX のメッセージが表示されます。

SnapDrive デーモンはすでに実行されています

デーモンのステータスを確認して、 SnapDrive for UNIX が実行されているかどうかを確認できます。デーモンを開始するかどうかを決定する前に、ステータスを確認する必要があります。root ユーザ以外のユーザがステータスの確認を試みると、 SnapDrive for UNIX はユーザのクレデンシャルをチェックし、というメッセージを表示します。

SnapDrive デーモンのステータスは root ユーザのみが表示できます

デーモンを停止しようとすると、 SnapDrive for UNIX はクレデンシャルをチェックします。root ユーザ以外のユーザの場合は、 SnapDrive for UNIX のメッセージが表示されます

SnapDrive デーモンを停止できるのは root ユーザのみです

デーモンを停止したら、 SnapDrive for UNIX デーモンを再起動して、構成ファイルまたは任意のモジュールへの変更を有効にする必要があります。root ユーザ以外のユーザが SnapDrive for UNIX デーモンを再起動しようとすると、 SnapDrive for UNIX はユーザのクレデンシャルをチェックし、メッセージを表示します

SnapDrive デーモンは root ユーザによってのみ再起動できます