日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snapshot コピーを使用したストレージスペースの見積もり

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

クローンスプリットの推定によって、ストレージシステム内に Snapshot コピー用のクローンがない場合、 Snapshot コピーを使用して必要なストレージスペース( MB )を見積もることができます。

手順
  1. 次のコマンドを入力して、必要なストレージスペースを見積もります。

    ` * SnapDrive clone split estimate - snapname [long_snap_name] { volclone | -lunclone } ] [-v | -verbose ] *

次の例は、 Snapshot コピーを使用して LUN クローンをスプリットする場合のストレージスペースを見積もります。

snapdrive clone split estimate -snapname f3050-220-112:/vol/vol_1:snap_1 -lunclone
Resource       Container  Required Available Storage
                          Space(MB)Space(MB) Status
f3050-220-112: f3050-220 	5120	   14078    AVAILABLE
/vol/vol_1:snap_1 -112:/vol/vol_1

次の例では '-fs' オプションを指定したスナップショット・コピーを使用して LUN クローンをスプリットするためのストレージ・スペースを見積もります

# snapdrive clone split estimate -fs /mnt/my_mnt1 -snapname f3050-220-112:/vol/vol_1:snap_1 -lunclone
Resource         Container Required Available Storage
                            Space(MB)Space(MB) Status
f3050-220-112:   f3050-220  4120     14078  AVAILABLE
/vol/vol_1:snap_1 -112:/vol/vol_1

次の例では '-fs' オプションを指定したスナップショット・コピーを使用して ' ボリューム・クローンをスプリットするためのストレージ・スペースを見積もります

# snapdrive clone split estimate -fs /mnt/fs1 -snapname f3050-220-112:/vol/vol_1:snap_1 -volclone
Resource      Container   Required Available Storage
                          Space(MB)Space(MB) Status
f3050-220-112:  f3050-220 54019   54517  AVAILABLE
/vol/vol0:snap_1 112:aggr0

次の例は、 Snapshot コピーを使用してボリュームクローンをスプリットするためのストレージスペースを見積もります。

# snapdrive clone split estimate -snapname f3050-220-112:/vol/vol_1:snap_1 -volclone
Resource      Container   Required Available Storage
                          Space(MB)Space(MB) Status
f3050-220-112:  f3050-220 54019    54517    AVAILABLE
/vol/vol0:snap_1 112:aggr0
注記
  • Snapshot コピーに対してクローンスプリットの見積もりを行う場合は、「 Resource 」フィールドに Snapshot コピーの名前が表示されます。

  • Snapshot コピーと -lunclone オプションを併用してデッド・ファイルの仕様を指定した場合、「必須スペース」には 0 と表示されます。

  • Snapshot を使用した LUN クローンスプリットの見積もりは、 SnapDrive 4.2 for UNIX 以降で作成された Snapshot コピーに対してのみ可能です。