日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AutoSupport メッセージの例

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX には、さまざまなシナリオの例が用意されています。すべての例の AutoSupport メッセージの内容は、オペレーティングシステムに関係なく基本的に同じです。

例:新しいストレージシステムの追加

次に '`x336-207-58` という名前のホストから送信されるメッセージの例を示します

computerName="x336-207-58"
        eventSource="snapdrive"
        appVersion="5.2 for UNIX"
        eventID="3"
        category="sduvs2 configured"
        subject="host_name=x336-207-58, host_os=Linux, host_os_release=2.6.32-279.el6.x86_64, host_os_version=#1 SMP Wed Jun 13 18:24:36 EDT 2012, No of controller=2, PM/RBAC=native, Host Virtualization=No, Multipath-type=nativempio, Protection Enabled=No, Protocol=fcp

例:デーモンを再起動します

AutoSupport for UNIX では、デーモンを再起動すると、次の SnapDrive メッセージがストレージシステムに送信されます。

computerName="x336-207-58"
        eventSource="snapdrive"
        appVersion="5.2 for UNIX"
        eventID="2"
        category="daemon restarted"
        subject="host_name=x336-207-58, host_os=Linux, host_os_release=2.6.32-279.el6.x86_64, host_os_version=#1 SMP Wed Jun 13 18:24:36 EDT 2012, No of controller=2, PM/RBAC=native, Host Virtualization=No, Multipath-type=nativempio, Protection Enabled=No, Protocol=fcp

「 d fm 」が設定され、「 rbac method 」が「 d fm 」に設定されている場合、 SnapDrive for UNIX は次の AutoSupport メッセージをストレージ・システムに送信します。

computerName="x336-207-58"
        eventSource="snapdrive"
        appVersion="5.2 for UNIX"
        eventID="2"
        category="daemon restarted"
        subject="host_name=x336-207-58, host_os=Linux, host_os_release=2.6.32-279.el6.x86_64, host_os_version=#1 SMP Wed Jun 13 18:24:36 EDT 2012, No of controller=2, PM/RBAC=dfm, Host Virtualization=No, Multipath-type=nativempio, Protection Enabled=Yes, Protocol=fcp"

「 d fm 」が設定され、「 rbac method 」が native に設定されている場合、 SnapDrive for UNIX は次の AutoSupport メッセージをストレージ・システムに送信します。

computerName="x336-207-58"
        eventSource="snapdrive"
        appVersion="5.2 for UNIX"
        eventID="2"
        category="daemon restarted"
        subject="host_name=x336-207-58, host_os=Linux, host_os_release=2.6.32-279.el6.x86_64, host_os_version=#1 SMP Wed Jun 13 18:24:36 EDT 2012, No of controller=2, PM/RBAC=native, Host Virtualization=No, Multipath-type=nativempio, Protection Enabled=Yes, Protocol=fcp"

AutoSupport for UNIX では、「 snap create 」処理に成功したときに、次の SnapDrive メッセージがストレージシステムに送信されます。

computerName="x336-207-58"
        eventSource="snapdrive"
        appVersion="5.2 for UNIX"
        eventID="5"
        category="snap create successful"
        subject="host_name=x336-207-58, host_os=Linux, host_os_release=2.6.32-279.el6.x86_64, host_os_version=#1 SMP Wed Jun 13 18:24:36 EDT 2012, No of controller=3, PM/RBAC=native, Host Virtualization=No, Multipath-type=nativempio, Protection Enabled=No, Protocol=iscsi, snapshot_name=dg_snap"

storage show all 処理が正常に完了すると、 SnapDrive for UNIX は次の AutoSupport メッセージをストレージシステムに送信します。

computerName="x336-207-58"
        eventSource="snapdrive"
        appVersion="5.2 for UNIX"
        eventID="3"
        category="general"
        subject="protos=fcp, Connect Luns=8, dgs=4, hvs=3, fs=3, host_name=x336-207-58, host_os=Linux, host_os_release=2.6.32-279.el6.x86_64, host_os_version=#1 SMP Wed Jun 13 18:24:36 EDT 2012, No of controller=2, PM/RBAC=native, Host Virtualization=No, Multipath-type=nativempio, Protection Enabled=No, Protocol=fcp"