日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

storage connect コマンドに関するガイドラインを示します

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive storage connect コマンドを使用するには ' いくつかのガイドラインに従う必要があります

LVM エンティティを含むストレージには特別な要件があります。SnapDrive storage connect` コマンドを使用して LVM エンティティを接続するには、ストレージ階層内の各エンティティに次のエンティティのインスタンスが 1 つだけ含まれるようにストレージを作成する必要があります。たとえば、 SnapDrive storage connect コマンドを使用して、 1 つのディスクグループ (dg1) と 1 つのホストボリューム (hostvol1) および 1 つのファイルシステム (fs1) を持つストレージ階層を接続できます。ただし、 SnapDrive storage connect` コマンドを使用して、 1 つのディスクグループ (dg1) と 2 つのホストボリューム (hostvol1 と host21) および 2 つのファイルシステム (fs1 と fs2) を持つ階層を接続することはできません。

Linux ホスト SnapDrive では 'LUN 上に直接作成されたファイル・システムは ' 基盤となる LUN がパーティション化されている場合にのみ 'LUN 上に直接接続されます

注記 SLES10 Update 2 では、 SnapDrive for UNIX SnapDrive storage connect および SnapDrive storage create コマンドによって、 LUN 上に直接ファイルシステムが作成されます。SnapDrive for UNIX では、 raw デバイスにファイルシステムを作成してからマウントします。