日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

iSCSI デーモンの制限により、 LUN の検出が失敗します

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX のコマンドで、繰り返し処理が複数あると LUN が検出されないことがあります。

次のエラーメッセージが表示される場合があります。

0000-001 Admin error: iscsi transport protocol has dropped sessions in the host. Please ensure the connection and the service in the storage system.

これは、次のホストでの iSCSI デーモンの制限が原因で発生します。

  • Red Hat Enterprise Linux 4.0

  • Oracle Enterprise Linux 4.0

回避策

Before modifying the following system parameters, contact the OS vendor.
  1. 「 /etc/sysctl.conf ファイルに '*fs.file-max * 」パラメータを追加します。

    次に、コマンドラインの例を示します。

    # sysctl -w fs.file-max=65536
    注記 パラメータ値は 65536 に設定することをお勧めしますが、ホスト上のアプリケーションに応じて値を設定することもできます。
  2. fs.file-max パラメータに '65536 を割り当てます

  3. root ユーザの UNIX アカウントのデフォルトシェルの「スタートアップ」ファイルを更新します。

    • Bourne, Bash, または Korn シェルの場合は ' 次のコマンドを実行して '/etc/profile' ファイルに次の行を追加します

      cat >> /etc/profile <<EOF
      if [ \$USER = "root" ]; then
      if [ \$SHELL = "/bin/ksh" ]; then
      ulimit -p 16384
      ulimit -n 65536
      else
      ulimit -u 16384 -n 65536
      fi
      umask 022
      fi
      EOF
    • C シェル (csh または tcsh) の場合は ' 次のコマンドを実行して '/etc/csh.login' ファイルに次の行を追加します

      cat >> /etc/csh.login <<EOF
      if ( \$USER == "root" ) then
      limit maxproc 16384
      limit descriptors 65536
      endif
      EOF
  4. 次のコマンドを実行して '/etc/security/limits.conf' ファイルに次のパラメータを追加します

    root soft nofile 65536
    root hard nofile 65536
  5. 次のコマンドを実行して、システムのカーネルパラメータをすべてアクティブにします。 'ysctl-p