日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージ情報の表示方法

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

ストレージに関する情報の表示を容易にするために、 SnapDrive for UNIX には、 SnapDrive storage show コマンドの複数の形式が用意されています。

storage show の処理の一般的なカテゴリは次のとおりです。

  • 特定の LUN に関する情報を表示する

  • 特定のストレージシステムまたはストレージシステムボリュームに使用できる LUN に関する情報のリスト。

  • 指定した引数に関連付けられている LUN に関する情報を表示する

    これらの引数には、 NFS エンティティ、ファイルシステム、ホストボリューム、またはディスクグループを指定できます。コマンド・プロンプトで -verbose オプションを指定すると、 SnapDrive for UNIX により、バッキング LUN を含むストレージ階層の表示など、詳細な出力が表示されます。

  • ホストが認識しているデバイスに関する情報を表示する。

  • ホストが認識しているすべてのデバイスと LVM エンティティに関する情報を表示する

  • リソースのステータスを共有または専用として表示する。