日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

マルチパス構成変数

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

MPIO が Linux で動作するためには 'napdrive.conf ファイル内の構成変数の一部を変更する必要があります

ホストに SnapDrive for UNIX をインストールした後、「 /opt/NetApp/SNAPDRIVE /snapdrive.conf 」ファイルを編集し、次の設定を適切な値に変更します。

enable-implicit-host-preparation=on  # Enable implicit host preparation for LUN creation
  default-transport="FCP"  # Transport type to use for storage provisioning, when a decision is needed
  multipathing-type= "nativempio"  # Multipathing software to use when more than one multipathing solution is available

「 napdrive.conf 」ファイルの変更を有効にするには、 SnapDrive デーモンを再起動します。SnapDrive デーモンが再起動されると、 DM-MP スタックの使用が SnapDrive コマンドで開始されます。