日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapDrive のコマンドと機能

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

Role-Based Access Control ( RBAC ;ロールベースアクセス制御)では、処理が成功するためにはそれぞれ特定の機能が必要です。ユーザがストレージ操作を実行するには、適切な機能セットを割り当てられている必要があります。

次の表に、必要なコマンドと対応する機能を示します。

コマンドを実行します 機能

「 storage show 」

SD.Storage.Read on volume ( SD 、ストレージ、ボリュームの読み取り

「ストレージリスト」

SD.Storage.Read on volume ( SD 、ストレージ、ボリュームの読み取り

「 storage create 」

  • ボリューム内の LUN の場合:「 D 」「 Storage 」「 Write 」 on Volume 」

  • qtree 内の LUN の場合:「 D 」「 Storage.Write 」は qtree 上にあります

「ストレージのサイズ変更」

'D.Storage.Write-on LUN ( LUN に書き込み

「 storage delete 」をクリックします

LUN 上の 'D.Storage.Delete

「スナップショー」

'D.snapshot.Read' on volume (ボリューム上のスナップショットを読み取ります

「スナップリスト」

'D.snapshot.Read' on volume (ボリューム上のスナップショットを読み取ります

'snap delete `

'D.Storage.Delete' on volume (ボリュームのデータを削除

'snap rename ( 仮名の変更

'D.Storage.Write' on volume (ボリュームに書き込みます

'snap connect`

  • ボリュームの LUN クローンの場合:ボリューム上の「スナップショット . クローン」

  • qtree 内の LUN クローンの場合: qtree 上の「スナップショット . クローン」

  • 従来のボリュームクローンの場合:ストレージシステム上の「スナップショット . クローン」

  • FlexClone ボリュームの場合:親ボリューム上の「 D.snapshot.Clone 」

  • 制限のない FlexClone ボリュームの場合:親ボリューム上の「スナップショット。制限のないクローン」

'snap connect -fit`

  • LUN クローン( LUN クローンおよびボリューム内でのスプリット)の場合:ボリューム上では「スナップショット」、ボリューム上では「スナップショット」、ボリューム上では「ストレージ」「書き込み」

  • LUN クローン( LUN クローンおよび qtree 内でのスプリット)の場合:「 D 」、「スナップショット」、「 Clone 」( qtree 上でのクローン)、「 D 」「 Storage 」「 Write 」(ストレージ上での書き込み)

  • 分割された従来のボリュームクローンの場合:ストレージシステム上の「スナップショット」およびストレージシステム上の「 D ストレージ」「書き込み」

  • スプリットされた Flex ボリュームクローンの場合は、親ボリューム上の「 D.snapshot.Clone 」。

「 clone split start 」を指定します

  • LUN がボリュームまたは qtree に存在する LUN クローンの場合:ボリュームまたは qtree を含む「 D.snapshot.Clone 」

  • ボリュームクローンの場合:親ボリューム上の「 D.snapshot.Clone 」

'Snap disconnect' (スナップ切断

  • LUN がボリュームまたは qtree に存在する LUN クローンの場合:ボリュームまたは qtree を含む「 D.snapshot.Clone 」

  • ボリュームクローンの場合:親ボリューム上の「 D.snapshot.Clone 」

  • 無制限のボリュームクローンを削除する場合:ボリューム上の「スナップショット。 DestroyUnrestrictedClone 」

'Snap disconnect-split`

  • LUN がボリュームまたは qtree に存在する LUN クローンの場合:「 D 」、「スナップショット」、「クローン」は、 LUN を含むボリュームまたは qtree 上に作成されます

  • ボリュームクローンの場合:親ボリューム上の「 D 」「ストレージ」「削除」

  • 無制限のボリュームクローンを削除する場合:ボリューム上の「スナップショット。 DestroyUnrestrictedClone 」

'snap restore ( スナップ復元

  • ボリュームに存在する LUN の場合:「スナップショット」「ボリューム上でのリストア」「 D ストレージ」「 LUN 上での書き込み」

  • qtree に存在する LUN の場合:「スナップショット。リストア」 qtree では「スナップショット。リストア」、「 D ストレージ . ライト」 LUN では「スナップショット . リストア」

  • ボリュームにない LUN の場合:「スナップショット。ボリュームに復元」および「 S D ストレージ」。ボリュームに書き込みます

  • qtree にない LUN の場合:「スナップショット・リストア」 qtree では「スナップショット・リストア」、「ストレージ・ライト」 qtree では「スナップショット・リストア」

  • ボリュームの場合:従来のボリュームの場合はストレージ・システム上の「スナップショット」、フレキシブル・ボリュームの場合は「スナップショット」「リストア」

  • ボリュームの単一ファイルの snap restore の場合:ボリュームの「スナップショット。復元」

  • qtree の単一ファイルの snap restore の場合 : `s D. snapshot. Restore ` qtree

  • ベースライン Snapshot コピーを無効にする場合:ボリュームの「スナップショット。 ruptBaseline 」

ホスト接続 ' ホスト切断

LUN に「 D.Config.Write 」と入力します

「 config access 」を選択します

ストレージ・システムの 'D.Config.Read

「 config prepare 」

少なくとも 1 つのストレージ・システムで 'D.Config.Write' を実行します

「 config check 」

1 つ以上のストレージ・システムの 'D.Config.Read

「 config show 」を参照してください

1 つ以上のストレージ・システムの 'D.Config.Read

「 config set 」のようになります

「 D.Config.Write 」をストレージシステムに書き込みます

config set-dfm 、 config set-mgmtpath 、 `

少なくとも 1 つのストレージ・システムで 'D.Config.Write' を実行します

「 config delete 」

ストレージ・システムの 'D.Config.Delete]

config delete dfm_appliance 、 config delete -mgmtpath

少なくとも 1 つのストレージ・システムで 'D.Config.Delete] を選択します

「 config list 」

1 つ以上のストレージ・システムの 'D.Config.Read

'config migrate set

少なくとも 1 つのストレージ・システムで 'D.Config.Write' を実行します

「 config migrate delete 」

少なくとも 1 つのストレージ・システムで 'D.Config.Delete] を選択します

「 config migrate list 」

1 つ以上のストレージ・システムの 'D.Config.Read

注記 SnapDrive for UNIX では、管理者( root )の権限はチェックされません。