日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

サポートされているパーティションデバイス

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX 5.0 以降では、マルチパス環境および非マルチパス環境用に Linux でストレージパーティショニングを提供します。

SnapDrive for UNIX を使用してストレージ・デバイスをパーティション分割するには、ガイドラインに従う必要があります。

Linux で論理ボリュームマネージャを使用する場合は、パーティショニングされていない LUN を使用する必要があります。

次の表に、パーティション情報と、各オペレーティングシステムで有効にする方法を示します。

オペレーティングシステム シングルパーティション 複数のパーティション パーティション化されていないデバイス ファイルシステムまたは raw デバイス

Red Hat Enterprise Linux 5x

または

Oracle Enterprise Linux 5x

はい。

いいえ

いいえ

ext3 *

Red Hat Enterprise Linux 6x

または

Oracle Enterprise Linux 6x

はい。

いいえ

いいえ

ext3 または ext4 *

SUSE Linux Enterprise Server 11

はい。

いいえ

いいえ

ext3 *

SUSE Linux Enterprise Server 10

いいえ

いいえ

はい。

ext3 *

Red Hat Enterprise Linux 5x 以降

または

Oracle Enterprise Linux 5x 以降

はい。

いいえ

はい。

ASMlib を使用した ASM **

SUSE Linux Enterprise Server 10 SP4

または

SUSE Linux Enterprise Server 11

はい。

いいえ

はい。

ASMlib を使用した ASM **

SUSE Linux Enterprise Server 10 SP4 以降

または

SUSE Linux Enterprise Server 11

はい。

いいえ

いいえ

ASMlib なしの ASM **

  • 一般的な考慮事項 *

SnapDrive for UNIX 4.2 で作成される Snapshot コピーは、パーティショニングされたデバイスに基づいています。これらの Snapshot コピーは、 UNIX 5.0 以降のバージョンの SnapDrive でリストア、接続、およびサポートされています。