日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

制限

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX を使用する場合、環境に影響する可能性がある一定の制限事項について理解しておく必要があります。

一般的な制限事項

  • SnapDrive for UNIX では、 SnapManager for Virtual Infrastructure ( SMVI )のブート時に VM で BIOS を使用する必要があります。Unified Extensible Firmware Interface ( UEFI )の使用はサポートされていません。

  • Virtual Storage Console ( VSC )では MetroCluster 構成がサポートされないため、 MetroCluster for UNIX では、ゲストオペレーティングシステムの RDM ( raw デバイスマッピング)環境での SnapDrive 構成はサポートされません。

  • SnapDrive for UNIX では、 Kerberos セキュリティ認証タイプ krb5 、 krb5i 、または krb5p を使用してボリュームをエクスポートした場合に、 NFS マウントポイントでの Snapshot 処理はサポートされません。

  • Snapshot コピーに作成されたエンティティとは別のエンティティをマウントしているマウントポイントでスナップリストア処理を実行すると、 Snapshot 処理に一貫性がなくなることがあります。

  • SnapDrive for UNIX では、ファイル仕様や LUN が Data ONTAP 7-Mode と clustered Data ONTAP のストレージシステムにまたがって配置されている場合、それらの処理はサポートされません。

  • clustered Data ONTAP を使用して SnapDrive for UNIX で Storage Virtual Machine ( SVM )を設定する場合は、 SVM の LIF の IP アドレスが DNS または /etc/hosts ファイル内の SVM 名にマッピングされていることを確認してください。

    また、 SnapDrive config setvsadminVserver name` コマンドを使用して、 SnapDrive for UNIX で SVM 名が設定されていることも確認する必要があります。

  • SnapDrive for UNIX は、 VBSR 処理後に、ルート以外のユーザから qtree のルートユーザにマウントポイントの権限を変更します。

  • SnapDrive for UNIX では、英語以外の言語環境はサポートされません。

  • スナップリストア処理は、 LUN が別のボリュームに移動される前に作成された Snapshot コピーからリストアされる場合には失敗します。

  • ONTAP 8.2 以降を使用している場合、実行中のクローニング処理で同じ Snapshot コピーが使用されていると、 Snapshot コピーに対する Snapshot 処理が失敗することがあります。

    あとで処理を再試行する必要があります。

  • OnCommand Unified Manager 6.0 以降では、 clustered Data ONTAP の Protection Manager はサポートされていません。そのため、 OnCommand Unified Manager 6.0 以降と SnapDrive for UNIX の統合はサポートされず、 SnapDrive for UNIX の次の機能はサポートされません。

    • OnCommand での ONTAP Unified Manager 6.0 以降とのロールベースアクセス制御( RBAC )の統合

    • Protection Manager と ONTAP 上の OnCommand Unified Manager 6.0 以降との統合

  • SVM ボリュームを含むアグリゲートを SVM のアグリゲートリストに割り当て、 SnapDrive for UNIX 処理を実行する必要があります。

  • SnapDrive for UNIX 原因 SnapDrive は自動マウントをサポートしていません。 UNIX 操作が失敗する可能性があるため、任意のタイプの自動マウントを使用します。

Linux での制限

  • マルチパス環境では、 SnapDrive snap list -v または SnapDrive snap show -v の処理で、 raw LUN の開発パスは表示されません。また、ホスト LVM が関係していない場合、 SnapDrive storage show -all コマンドを実行しても raw デバイスとマウントポイントは表示されません。

  • SnapDrive for UNIX では ' エイリアス名に特殊文字が含まれる場合 ' 完全なエイリアス名は表示されませんSnapDrive for UNIX では、エイリアス名に特殊文字「 _' 」のみがサポートされています。

  • SnapDrive config prepare lun' コマンドは RDM LUN 環境ではサポートされていません

  • SnapDrive lun fixpaths コマンドは、ゲスト・オペレーティング・システムではサポートされていません。