日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LUN を含む Snapshot コピーへの接続

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive snap connect コマンドを使用すると、 LUN を含む Snapshot コピーに接続できます。

手順
  1. 次のコマンド構文を入力して、 LUN を含む Snapshot コピーに接続します。

    * SnapDrive snap connect -lun_s_named_lun_name_[[-lun]s_s_lun_named_lun_name …​_ snapname_long_snap_name[-igroup_ig_name_[_ ig_name…​] [-split] *``

    注記 s_lun_name_d_lun_name は 'lun_name または qtree_name/lun_name の形式で指定する必要があります

SnapDrive for UNIX では、指定した LUN のクローンを作成し、新しい場所に接続します。

次の例では、 hornet/vol/vol1/tuesdaysnapshot 内の LUN mylun1 を mylun1copy に接続します。

# ./snapdrive snap connect -lun mylun1 mylun1copy -snapname
hornet:/vol/vol1:tuesdaysnapshot
connecting hornet:/vol/vol1/mylun1:
LUN copy mylun1copy ... created
(original: hornet:/vol/vol1/mylun1) mapping new lun(s) ... done
discovering new lun(s) ... done

次の例では、 mylun1 と mylun2 という 2 つの LUN を、それぞれ mylun1copy と mylun2copy に接続します。

# ./snapdrive snap connect -lun mylun1 mylun1copy -lun mylun2
mylun2copy -snapname hornet:/vol/vol1:tuesdaysnapshot
connecting hornet:/vol/vol1/mylun1:
LUN copy mylun1copy ... created
(original: hornet:/vol/vol1/mylun1)
mapping new lun(s) ... done
connecting hornet:/vol/vol1/mylun2:
LUN copy mylun2copy ... created
(original: hornet:/vol/vol1/mylun2)
mapping new lun(s) ... done
discovering new lun(s) ... done

次の例では、 LUN lun1_clone を Snapshot Lech : /vol/vol1 : RRT に接続します。

snapdrive snap connect -fs /mnt/fs /mnt/fs1  -snapname lech:/vol/vol1:rrt
connecting /mnt/fs:
   LUN copy lun1_0 ... created
     (original: lech:/vol/vol1/lun1)
   exporting new lun(s) to Guest OS ... done
   discovering new lun(s) ... done
Successfully connected to snapshot lech:/vol/vol1:rrt
        file system: /mnt/fs1