日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

RDM LUN のプロビジョニングに関する考慮事項

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX では、 RDM LUN のプロビジョニングに関するいくつかの考慮事項があります。

  • ゲスト OS の「 napdrive.conf 」ファイルで、構成変数「 default -transport 」が「 fcp 」に設定されていることを確認します。

  • SnapDrive for UNIX から NetApp Virtual Storage Console for VMware vSphere にアクセスするように設定します。

  • RDM LUN サポートの構成変数が「 snapdrive.conf 」ファイルで使用されていることを確認します。'contact-viadmin-port 、 use-https-to-viadmin 、 vif-password -file' および 'virtualization-operation-timeoutsecs=600' などの変数は、 RDM LUN のサポートに使用されます。

  • 関連情報 *