日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NFS エンティティのシンプロビジョニングの有効化

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX を使用して、ストレージシステム上の NFS エンティティに対してシンプロビジョニングを実行できます。シンプロビジョニングはスペースリザベーションと呼ばれます。

手順
  1. スナップ接続操作のスペース・リザベーションを有効にするには、 NFS エンティティを含むコマンドで「 -reserve 」パラメータを使用して、ボリュームのスペース・リザベーションを有効にします。NFS エンティティの場合、 SnapDrive for UNIX は、コマンドで「 -reserve 」または「 -noreserve 」パラメータが指定されていない場合、 Snapshot コピー内で使用可能なスペースリザベーションを使用します。