日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームクローンをスプリットするためのストレージスペースの見積もり

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

クローンスプリットの推定によって、ボリュームクローンをスプリットするために必要なストレージスペース( MB )を見積もることができます。SnapDrive for UNIX が提供するクローンスプリットの見積もりに応じて、ボリュームクローンをスプリットするためのスペース可用性を判断できます。

手順
  1. 次のコマンドを入力して、ボリュームクローンをスプリットするために必要なストレージスペースを見積もります。

    `* SnapDrive クローン・スプリットの見積もり long_lun_name[long_lun_name___ … ] | [{-dg|-vg|-fs|-hostvol|-lvol} file_se[file_spec…​] | [-snapname_long_snap_name_] { -volclone | -lunclone } ] [-v | -verbose ] [-dump | -dumpall] *

    この処理では、次の情報が表示されます。

    • リソース名

    • Container - FlexClone のアグリゲート

    • Required Space - ボリュームクローンをスプリットするために必要なスペースです

    • 使用可能なスペース - コンテナで使用可能なスペース

    • Storage Status - ボリュームクローンスプリットに使用できるスペースを示します

    • Owned Space - ボリュームクローンが占有しているスペースです

    • 親と一緒にボリュームクローンが占有するスペースの共有

    「 -verbose( 冗長 ) 」オプションを使用すると、「 Owned Space ( 所有スペース ) 」と「 hared Space ( 共有スペース ) 」が表示されます。

次の例は、ボリュームクローンをスプリットするためのストレージスペースを見積もります。

# snapdrive clone split estimate -fs /mnt/my_mnt1 -fs /mnt/my_mnt2
Resource     Container  Required Available  Storage
                        Space(MB) Space(MB) Status
/mnt/my_mnt1  f3050-220  400      61500    AVAILABLE
              -111:aggr0
/mnt/my_mnt2  f3050-220  3292     1129     NOT AVAILABLE
              -112:aggr1

すべてのファイル仕様について、 SnapDrive for UNIX が、ボリュームクローンをスプリットするためにストレージシステムで使用できる必要なスペースを決定します。ここでは '/mnt/my_mnt1' ファイル仕様には分割に必要な領域があるため ' ストレージ・ステータスは使用可能として表示されます一方 '/mnt/my_mnt2' ファイル指定には ' 分割に必要な領域がないため ' ストレージ・ステータスは Not Available と表示されます

次に '-verbose オプションの使用例を示しますまたは '-v オプションを使用することもできます

# snapdrive clone split estimate -fs /mnt/my_mnt1 -verbose
Resource    Container Owned    Shared   Required Available Storage
                      Space(MB)Space(MB)Space(MB)Space(MB) Status
/mnt/my_mnt1 f3050-220 32365  403      403     55875 AVAILABLE
             -111:aggr0