日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapDrive 設定ウィザードを使用する

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

設定ウィザードでは、 NFS 、 SAN 、混在の環境でを設定できます。

NFS 環境での設定手順

NFS 環境でを設定する手順は次のとおりです。

手順
  1. NFS * プロファイルを選択します。

  2. Protection Manager の統合を有効にします。

    • DataFabric Manager を使用してアクセス許可のチェックを有効にするには、 [ はい ] を選択します。

      • DataFabric Manager サーバの名前または IP アドレスを入力し、続けてユーザ名とパスワードを入力します。

      • DataFabric Manager と通信するには 'http/https' ポートを入力しますデフォルト値は '808080' です

      • DataFabric Manager にアクセスするための SSL サーバポートを入力します。デフォルト値は「 8488 」です。

      • DataFabric Manager と通信できるように HTTPS を有効にします。

    • RBAC を使用してアクセス許可のチェックを有効にするには 'No' を選択します

  3. ロールベースアクセス制御方式を指定します。指定できる値は「 native 」と「 d fm 」です。

    • 「 native 」を選択して、「 /vol/vol0/sdprbac/sdhost-name.prbac 」または「 /vol/vol0/sdprbac/sdgenericname.prbac 」に格納されている制御ファイルを使用して、ホストのアクセス権限を確認します。

    • 「 d fm 」を選択すると、 Operations Manager コンソールを使用してアクセス権を確認できます。

      注記 DataFabric Manager を設定せずに「 RBAC メソッド」として「 dfm 」を選択すると、 Protection Manager 統合を有効にしないで RBAC メソッドを「 dfm 」として選択したことを示す警告メッセージが表示されます。
  4. ストレージ・システムと通信するには、「 https 」または「 http 」を指定します。

  5. 最後に 'napdrive.conf ファイルの設定変更を保存し ' デーモンを再起動します

    • 「はい」を選択すると、 SnapDrive デーモンが再起動され、設定の変更が反映されます。

    • 「いいえ」を選択すると、「 napdrive.conf 」ファイルで変数の値が変更されますが、変更は反映されません。

SAN 環境での構成手順

SAN 環境でを設定する手順は次のとおりです。

手順
  1. SAN プロファイルを選択します。

  2. 必要な転送プロトコルを選択します。

    • default-transport を設定するには 'FCP を選択します

    • default-transport を設定するには 'iSCSI' を選択します

  3. SAN ストレージスタックを選択します( MPIO 解決策、ボリュームマネージャ、およびファイルシステムの組み合わせ)。オプションは「 native 」と「 none 」です。

  4. Protection Manager の統合を有効にします。

    • DataFabric Manager を使用してアクセス許可のチェックを有効にするには、 [ はい ] を選択します。

      • DataFabric Manager サーバの名前または IP アドレスを入力し、続けてユーザ名とパスワードを入力します。

      • DataFabric Manager と通信するには 'http/https' ポートを入力しますデフォルト値は '808080' です

      • DataFabric Manager にアクセスするための SSL サーバポートを入力します。デフォルト値は「 8488 」です。

      • DataFabric Manager と通信できるように HTTPS を有効にします

    • RBAC を使用してアクセス許可のチェックを有効にするには 'No' を選択します

  5. ロールベースアクセス制御方式を指定します。指定できる値は「 native 」と「 d fm 」です。

    • 「 native 」を選択して、「 /vol/vol0/sdprbac/sdhost-name.prbac 」または「 /vol/vol0/sdprbac/sdgenericname.prbac 」に格納されている制御ファイルを使用して、ホストのアクセス権限を確認します。

    • 「 d fm 」を選択して、 Operations Manager を使用してアクセス許可を確認します。

    注記 DataFabric Manager を設定せずに「 RBAC メソッド」として「 dfm 」を選択すると、 Protection Manager 統合を有効にしないで RBAC メソッドを「 dfm 」として選択したことを示す警告メッセージが表示されます。
  6. SMVI の統合を有効にして、ゲスト OS で RDM LUN を作成します。

    • ゲスト OS で RDM LUN を作成するには 'yes' を選択します次に、 SMVI Server の IP アドレス、ユーザ名、パスワードを入力します。

    • このオプションをスキップするには 'no' を選択します

    注記 SMI 統合は、 FCP プロトコルにのみ適用できます。
  7. ストレージ・システムと通信するには、「 https 」または「 http 」を指定します。

  8. 最後に 'napdrive.conf ファイルの設定変更を保存し ' デーモンを再起動します

    • 「はい」を選択すると、 SnapDrive デーモンが再起動され、設定の変更が反映されます。

    • 「いいえ」を選択すると、「 napdrive.conf 」ファイルで変数の値が変更されますが、変更は反映されません。

SAN と NFS が混在する環境で構成する手順

SAN と NFS が混在する環境で設定する手順は次のとおりです。

  1. 混合プロファイルを選択します。

  2. 必要な転送プロトコルを選択します。

    • default-transport を設定するには 'FCP を選択します

    • default-transport を設定するには 'iSCSI' を選択します

  3. SAN ストレージスタックを選択します( MPIO 解決策、ボリュームマネージャ、ファイルシステムの組み合わせ)。オプションは「 native 」と「 none 」です。

  4. Protection Manager の統合を有効にします。

    • DataFabric Manager を使用してアクセス許可のチェックを有効にするには、 [ はい ] を選択します

      • DataFabric Manager サーバの名前または IP アドレスを入力し、続けてユーザ名とパスワードを入力します。

      • DataFabric Manager と通信するには 'http/https' ポートを入力しますデフォルト値は '808080' です

      • DataFabric Manager にアクセスするための SSL サーバポートを入力します。デフォルト値は「 8488 」です。

      • DataFabric Manager と通信できるように HTTPS を有効にします。

    • RBAC を使用してアクセス許可のチェックを有効にするには 'No' を選択します

  5. ロールベースアクセス制御方式を指定します。指定できる値は「 native 」と「 d fm 」です。

    • ホストのアクセス権限を確認するには、「 /vol/vol0/sdprbac/sdhost-name.prbac 」または「 /vol/vol0/sdprbac/sdgenericname.prbac 」に格納されている制御ファイルを使用して「 native 」を選択します

    • Operations Manager コンソールを使用してアクセス権限をチェックするには、 dfm を選択します。

    注記 DataFabric Manager を設定せずに「 RBAC メソッド」として「 dfm 」を選択すると、 Protection Manager 統合を有効にしないで RBAC メソッドを「 dfm 」として選択したことを示す警告メッセージが表示されます。
  6. SMVI の統合を有効にして、ゲスト OS で RDM LUN を作成します。

    • ゲスト OS で RDM LUN を作成するには 'yes' を選択します次に、 SMVI Server の IP アドレス、ユーザ名、パスワードを入力します。

    • このオプションをスキップするには 'no' を選択します

    注記 SMI 統合は、 FCP プロトコルにのみ適用できます。
  7. ストレージ・システムと通信するには、「 https 」または「 http 」を指定します。

  8. 最後に 'napdrive.conf ファイルの設定変更を保存し ' デーモンを再起動します

    • 「はい」を選択すると、 SnapDrive デーモンが再起動され、設定の変更が反映されます。

    • 「いいえ」を選択すると、「 napdrive.conf 」ファイルで変数の値が変更されますが、変更は反映されません。

SnapDrive は 'napdrive.conf ファイルの次の変数を変更します

  • contact-http-dfm_port

  • contact-ssl-dfm_port

  • use-https-to-dfm

  • default-transport

  • use-https-to-filer

  • fstype` 」

  • multipathing-type

  • vmtype

  • `_rbac メソッド _

  • _rbac キャッシュ _