日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Linux ホストの要件

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX をインストールする前に、 Linux ホストを準備する必要があります。

  • FC プロトコルまたは iSCSI プロトコルを使用している場合は、ネットアップサポートサイトから Linux Host Utilities をダウンロードしてインストールする必要があります。

    「 lun version 」コマンドを使用して、 Linux Host Utilities が正常にインストールされていることを確認する必要があります。

  • SnapDrive for UNIX コマンドが正しく機能するように 'g3_utils' パッケージをすべての Linux システムにインストールする必要があります

    注記 Red Hat Enterprise Linux ( RHEL )および Oracle Enterprise Linux ( OEL )では、「 g3_utils 」および「 g3_utils-libs 」ライブラリが利用可能であることを確認する必要があります。「 G3_utils 」ライブラリは、 SUSE Linux Enterprise Server ( SLES ) 10 以前の「 CSI * 」パッケージおよび SLES 11 以降の「 G3_utils * 」パッケージで利用できます。
  • ホストが 64 ビットの Linux オペレーティングシステムで、 32 ビットの SnapDrive for UNIX をインストールする場合は、これらのライブラリまたはバイナリパッケージをダウンロードしてインストールする必要があります。

    SnapDrive for UNIX のインストールは ' ホスト・システムに 32 ビット・バージョンの glibc パッケージがないと失敗します

    • _QLogic サイト _ からの QConvergeConsoleCLI' パッケージの 32 ビットバイナリホストが 64 ビットの Linux オペレーティング・システムであり 'Emulex OnCommand Manager パッケージの 32 ビットのバイナリをインストールする場合は 'QLogic HBA の /etc/hba.conf ファイルで qla2xxx64/usr/libqlsdm.so' を qla2xx/usr/lib/libqlsdm.so に変更する必要があります

    • トランスポート・プロトコルが SnapDrive for UNIX の FC の場合 ' ホスト上で動作するには 'libHBAAPI' パッケージまたはベンダー固有のパッケージをインストールする必要があります

  • SnapDrive for UNIX をインストールする前に、サポートされるホストサービスパックをホストにインストールする必要があります。

    サポートされているサービスパックの詳細については、 Interoperability Matrix Tool を参照してください。

  • 関連情報 *