日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

RDM LUN のプロビジョニング

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX では、 VMware 仮想環境内のゲストオペレーティングシステムで FC プロトコルを有効にして、 RDM LUN を作成およびプロビジョニングできます。ONTAP を使用して RDM LUN をプロビジョニングすることもできます。

  • NetApp Virtual Storage Console ( VSC )をインストールし、 VMware vCenter ™で設定する必要があります。

  • NetApp Virtual Storage Console for VMware vSphere ™のバックアップおよびリカバリ機能は、 vCenter ™に登録されている Windows オペレーティングシステムにインストールする必要があります。

  • 「デフォルト転送」は「 napdrive.conf 」ファイルでは FCP に設定し、 SnapDrive for UNIX デーモンを再起動する必要があります。

手順
  1. RDM LUN を作成するためにゲストオペレーティングシステムを設定します。

    'SnapDrive config set -viadmin_user viadmin_name_

    • user は仮想インタフェースシステムの名前である。

    • viadmin_name` 」は、仮想インターフェイスシステムの IP アドレスの名前です。

  2. Virtual Storage Console のログイン情報を確認します。

    「 * SnapDrive config list * 」

    このコマンドは、 SnapDrive for UNIX で指定されているユーザ名または仮想インターフェイスを表示します。

  3. ゲストオペレーティングシステムがストレージシステムと通信できることを確認します。

    'storage show -all command_

  4. ストレージシステムに RDM LUN を作成します。

    * SnapDrive storage create -lun_long_lun_name_-lunsize_bize_OF_The lun*

  5. RDM LUN をホストに接続します。

    'SnapDrive storage connect-lun_long_lun_name_'

    • 関連情報 *