日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Operations Manager コンソールでの SD-admin の設定

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

Operations Manager コンソール管理者は、 SD-admin ユーザを作成できます。

Operations Manager コンソール管理者は、グローバルグループ(グローバル「 FM/Core.AccessCheck 」)でコアアクセスチェックを実行する機能を持つ、 SD-admin という名前のユーザを作成します。Operations Manager コンソール管理者が SD-admin ユーザを設定したら、 SnapDrive for UNIX 管理者に手動でクレデンシャル情報を送信する必要があります。Operations Manager コンソールを使用してユーザーとロールを設定する方法の詳細については、『 Operations Manager Console Administration guide 』およびオンラインヘルプを参照してください。

注記 SD-admin の代わりに任意の名前を使用できますが、 SD-admin を使用することをお勧めします。

Operations Manager コンソールでロールを作成するには、 * Setup * > * Roles * を選択します。SD-admin 設定ページでは、 Operations Manager コンソール管理者はグローバルグループの「 DFM-Database.Write 」機能を SD-admin-role に割り当てる必要があります。これにより、 SnapDrive for UNIX が Operations Manager コンソールでストレージエンティティを更新できるようになります。