日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームベース SnapRestore を使用する場合の考慮事項

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

Volume-Based SnapRestore ( VBSR )を使用して、ポイントをいくつか念頭に置いておくことができます。これらの点を念頭に置くことで、 VBSR 機能を安全に使用できます。

次の点に注意する必要があります。

  • VBSR では、ボリューム全体が Snapshot コピーが作成された時間の状態に戻ります。この時間を VBSR で使用できます。VBSR には次の要素が含まれます。

    • 「 snap create 」操作時の指定したホスト・ファイル仕様のすべてのファイルおよび LUN

    • 「 snap create 」処理中にアプリケーションと整合性のある Snapshot コピーに含まれるすべてのファイルと LUN 。

  • VBSR では、リストアに使用された Snapshot コピーのあとに、現在のボリュームで作成された新しいファイルと LUN がすべて削除されます。

  • VBSR では、リストアに使用された Snapshot コピーよりも新しい Snapshot コピーがすべて削除されます。

  • --vbsr execute` コマンドを使用する前に '-vbsr preview コマンドを実行することをお勧めします