日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AutoSupport メッセージの例

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX には、さまざまなシナリオの例が用意されています。すべての例の AutoSupport メッセージの内容は、オペレーティングシステムに関係なく基本的に同じです。

例:新しいストレージシステムの追加

次の例は 'sun197-90_' という名前のホストから送信されるメッセージです

computerName="sun221-51"
        eventSource="snapdrive"
        appVersion="5.2 for UNIX"
        eventID="3"
        category="f2040-221-20 configured"
        subject="host_name=sun221-51, host_os=SunOS, host_os_release=5.10, host_os_version=Generic_147441-01, No of controller=2, PM/RBAC=native, Host Virtualization=No, Multipath-type=mpxio, Protection Enabled=No, Protocol=iscsi"

例:デーモンを再起動します

AutoSupport for UNIX では、デーモンを再起動すると、次の SnapDrive メッセージがストレージシステムに送信されます。

computerName="sun221-51"
        eventSource="snapdrive"
        appVersion="5.2 for UNIX"
        eventID="2"
        category="daemon restarted"
        subject="host_name=sun221-51, host_os=SunOS, host_os_release=5.10, host_os_version=Generic_147441-01, No of controller=2, PM/RBAC=native, Host Virtualization=No, Multipath-type=mpxio, Protection Enabled=No, Protocol=iscsi
"

AutoSupport for UNIX は 'lun create 操作が失敗した場合に ' 次の SnapDrive メッセージをストレージ・システムに送信します

computerName="sun221-51"
        eventSource="snapdrive"
        appVersion="5.2 for UNIX"
        eventID="4"
        category="storage create failed"
        subject="host_name=sun221-51, host_os=SunOS, host_os_release=5.10, host_os_version=Generic_147441-01, No of controller=2, PM/RBAC=native, Host Virtualization=No, Multipath-type=mpxio, Protection Enabled=No, Protocol=iscsi,1417: The following names are already in use: /mnt/abc. Please specify other names."