日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージ作成処理のガイドラインを次に示します

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

「 storage create 」処理に SnapDrive storage create コマンドを使用する場合は、一定のガイドラインに従う必要があります。

  • -lun' オプションを指定して ' 異なるストレージ・システム・ボリュームの LUN を一覧表示した場合は ' コマンド・プロンプトに -ddg-dg-'-hostvol'`-fs` オプションを指定することはできません

  • --nolvm' オプションは ' ホスト LVM をアクティブ化せずに LUN 上に直接ファイルシステムを作成します

    このオプションを使用する場合は、ホストボリュームまたはディスクグループを指定できません。

  • NFS ファイルまたはディレクトリツリーでは、 UNIX ストレージプロビジョニングコマンドに SnapDrive を使用できません。

  • lun storage create コマンドを使用 SnapDrive して 'LUN 上に直接ファイル・システムを作成する場合は ' 複数の LUN を指定できません

    SnapDrive for UNIX では、このコマンド形式を使用する場合、常に新しい LUN が作成されます。

  • 一部のオペレーティングシステムでは、作成できる LUN の数に制限があります。

    ホスト SnapDrive がこれらのいずれかのオペレーティング・システムを実行している場合は、 lun config check luns コマンドを実行することを推奨します。

  • UFS スタックと Veritas スタックの両方がインストールされている場合は 'ufs' の値を '-fstype' オプションとともに使用して 'UFS ファイルシステムを LUN 上に直接作成する必要があります

  • DMP マルチパスを使用する raw LUN でのファイルシステムの作成がサポートされています。

  • 関連情報 *