日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapDrive snap create コマンドの使用に必要な情報

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

Snapshot コピーを作成する際には、キャプチャするストレージエンティティを決定し、 Snapshot コピーの名前を指定する必要があります。

次の表に、 SnapDrive snap create コマンドを使用するときに必要な情報を示します。

要件 / オプション 引数

Snapshot コピーにキャプチャするストレージエンティティのタイプを決定します。1 つのコマンドラインで、 NFS エンティティ、 LUN 、 LUN 上に直接作成されるファイルシステム、および LVM エンティティを指定できます。

該当する引数を指定してエンティティの名前を指定します。これは 'file_dspec' 引数の値です

  • ホストボリュームまたはファイルが指定されたディスクグループを指定すると、引数がストレージシステムの一連のディスクグループに変換されます。SnapDrive for UNIX では、エンティティを含むディスクグループ全体が作成されます。これは、エンティティがホストボリュームであってもファイルシステムであっても同様です。

  • NFS マウントポイントであるファイル仕様を指定した場合、引数はストレージシステムボリューム上のディレクトリツリーに変換されます。

  • LUN またはファイルシステムを含む LUN を指定すると、引数が LUN またはファイルシステムを含む LUN に変換されます。

    注記 -vg` 、 -dg-fs-lvol 、および -hostvol などのストレージエンティティでは、特殊文字を指定できません。ただし '-fs'-lvol'-hostvol' などのストレージ・エンティティにはスラッシュ (/) を使用できます

LUN ( -lun_file_spec_

LUN の名前

ストレージシステム、ボリューム、および LUN の名前を含める必要があります。

ディスク・グループ( dg_file_spec_` )またはボリューム・グループ( g-vg_file_spec_` )

ディスクまたはボリュームグループの名前

ファイルシステム (-fs_file_spec_)

fileSystem _name を実行します

ホスト・ボリューム (-hostvol file_spec') または論理ボリューム (-lvol file_spec')

ホストまたは論理ボリュームの名前

注記 要求されたボリュームとそのボリュームが含まれているディスクグループの両方を指定する必要があります。たとえば、 -hostvol dg3/acct_volume のように指定します。

Snapshot コピー名( snapname snap_name ` )

Snapshot コピー名

Snapshot コピーの名前を指定します。Snapshot コピー名が付いたストレージシステムおよびボリュームを含む長い名前か、 Snapshot コピー名の短縮形の名前かを指定できます。

注記 「 napname 」に指定した値が 200 文字を超えないようにしてください。

` - 無関係」

~

オプション: Snapshot コピーの作成時に従属書き込みを行わないストレージエンティティの Snapshot コピーを作成するために、 SnapDrive for UNIX は個々のストレージエンティティの crash-consistent Snapshot コピーを作成しますが、エンティティ同士の整合性を維持することはありません。

「 -force 」を使用します

~

-noprompt`

~

オプション:既存の Snapshot コピーを上書きするかどうかを指定します。このオプションを指定しないと、既存の Snapshot コピーの名前を指定した場合に処理が停止します。このオプションで既存の Snapshot コピーの名前を指定すると、 Snapshot コピーを上書きするかどうかの確認を求められます。SnapDrive for UNIX がプロンプトを表示しないようにするには '-nofrt' オプションも指定します( -noprompt` オプションを使用する場合は '-force オプションを常に指定する必要があります )

-deviceType

~

オプション: SnapDrive for UNIX の処理に使用するデバイスのタイプを指定します。これは ' ホスト・クラスタ全体としての LUN' ディスク・グループ ' ファイル・システムの範囲を指定する「共有」または LUN ' ディスク・グループ ' ファイル・システムの範囲をローカルとして指定する「専用」のいずれかです

--deviceType dedicated オプションを指定した場合 'UNIX 用の SnapDrive 2.1 で現在サポートされている SnapDrive snap create コマンドのすべてのオプションが常に存在するようになります

ホスト・クラスタ内の任意の非マスター・ノードから -deviceType shared オプションを指定して SnapDrive snap create コマンドを開始すると ' コマンドはマスター・ノードに出荷され ' 実行されますこれを実現するには、 root ユーザの「 rsh 」または「パスワードなしのアクセス」プロンプトが、ホストクラスタ内のすべてのノードに対して設定されている必要があります。

「 -fstype 」を入力します

TYPE` 」

「 -vmtype 」と入力します

TYPE` 」

オプション: SnapDrive for UNIX の処理に使用するファイルシステムとボリュームマネージャのタイプを指定します。