日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

複数サブネット構成

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

管理トラフィックとデータトラフィックを分離したい環境では、複数のサブネットを使用すると便利です。この分離によって、ネットワークトラフィックを管理するためのよりセキュアな環境が実現します。このような環境でサーバ上で実行されている SnapDrive 4.1.1 for UNIX 以降のバージョンでは、スタンドアロン環境とホストおよび HA ペア環境で使用可能なすべての SnapDrive 操作がサポートされています。

ストレージシステムの管理に関連するデータは、管理インターフェイスを介して転送されます。DataFabric Manager 、 Protection Manager 、および SnapDrive for UNIX は、管理インターフェイスに含めることができます。データインターフェイスは、ストレージシステム間のデータトラフィックに使用されます。

環境内で複数のサブネットを設定するには、 SnapDrive config set コマンドで「 m Mgmtpath 」オプションを使用する必要があります。

SnapDrive for UNIX では、ストレージ・システムのホスト名がパブリック名と異なる SAN 環境での操作はサポートされませんが、両方の名前が同じ IP アドレスに解決されます。この状況を回避するには、次のいずれかを実行します。

  • システム名に別の IP アドレスを割り当ててください。

  • 接続しようとしたときに応答しないようにシステムを設定します。