日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexClone ボリューム処理に対するロールベースアクセス制御

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

Operations Manager がシステムに設定されている場合、 Operations Manager 管理者は、 FlexClone ボリュームに対してストレージ操作を実行するために必要な機能をユーザに付与する必要があります。

  • 無制限 FlexClone ボリューム * :無制限 FlexClone ボリュームに対してストレージ操作を実行するには、次の機能が必要です。

  • スナップ接続の場合は、親ボリュームに「スナップショット . 制限解除クローン」機能が必要です。

  • snap disconnect の場合、 FlexClone ボリュームには「スナップショット。 DestroyUnrestrictedClone 」機能が必要です。

  • 制限付き FlexClone ボリューム * :制限付き FlexClone ボリュームのストレージ処理には、以下の機能が必要です。

  • スナップ接続の場合、親ボリュームには「スナップショット」機能が必要です。

  • スナップ切断の場合、親ボリュームには「スナップショット . クローン」機能が必要です。

スナップ接続操作中に FlexClone ボリュームを分割するには、親ボリュームでの「 D 」、「 Storage 」、「 Write 」アクセス機能を使用します。

スプリット FlexClone ボリュームでのストレージ操作をスナップ切断中に実行するには、スプリットボリュームクローンで「 D 」の「ストレージ」機能を持つ必要があります。