日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

iSCSI を使用して Solaris Volume Manager で作成されたストレージエリアネットワークファイルの仕様は、自動的にはマウントされません

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

ホストシステムを再起動しても、 iSCSI を使用して Solaris Volume Manager ( SVM )で作成されたストレージエリアネットワークファイルの仕様は自動的にはマウントされず、ホストは起動しません。

ホストが起動したら、記載された手順に従ってファイル仕様をマウントできます。

回避策

  1. メタセットを入力します

    -s dgname-t

    コマンドを使用して、ディスクセットの所有権を手動で変更できます。

    注記 メタデータが定義されていることを確認します。
  2. を入力します

    *mount-a *`

    ファイル仕様をマウントするためのコマンド。