日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

HTTPS を使用したセキュアなデーモン通信

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

HTTPS を使用して、セキュアな Web サービスやデーモン通信を行うことができます。セキュアな通信を実現するには、「 snapdrive.conf 」ファイルにいくつかの設定変数を設定し、自己署名証明書または CA 署名証明書を生成してインストールします。

自己署名証明書または CA 署名証明書は、「 snapdrive.conf 」ファイルで指定されているパスで提供する必要があります。通信に HTTPS を使用するには 'napdrive.conf ファイルで次のパラメータを設定する必要があります

  • 「 use-https-to-SDU -daemon= on 」と入力します

  • 'contact-https-port-du-daemon=4095`

  • 'du -daemon-certificate-path=/opt/NTAPsnapdrive/snapdrive.pem

注記 SnapDrive 5.0 for UNIX 以降のバージョンでは、デーモン通信用に HTTPS がサポートされています。デフォルトでは、このオプションは「 off 」に設定されています。