日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

一部のコマンドは、ストレージクラスタがフェイルオーバーモードのときに遅延が発生します

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX コマンド: LUN の作成、接続、削除、または切断は、クラスタ化されたストレージシステムのいずれかが停止している場合に、 Solaris ホストで完了するまでに数分かかります。

このようなコマンドは、 SnapDrive storage create 、 SnapDrive storage connect 、 SnapDrive storage delete 、 SnapDrive storage disconnect 、 SnapDrive snap connect 、 SnapDrive snap disconnect ` 、および時々、 SnapDrive snap restore ` 。

この問題は、 SnapDrive for UNIX が削除または切断された LUN をリストアする必要がある場合にのみ、 SnapDrive snap restore に影響します。