日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームベースの SnapRestore :スペースリザベーションに使用します

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

ボリューム・ベースのスナップ・リザーブを使用したスペース・リザベーションの場合は 'napdrive.conf ファイルのオプション space-reservation-volume-enabled' を設定する必要があります

「 _space-reservation-volume -enabled _ 」オプションは、ボリュームのスペース・ギャランティ・ポリシーを設定するために使用され、次の 3 つの値を使用できます。

  • * スナップショット * :これがデフォルト値です。ボリュームのスペースギャランティは変更されません。

  • * volume * :ボリュームのスペースギャランティはボリュームレベルです。

  • * none * :スペースギャランティは none に設定されています。

次の表に、スペースリザベーションでのボリュームベースのスナップリザーブの動作を示します。

スペース予約 CLI オプションは使用されません。「 -vbsr execute 」が指定されています space-reservations -volume-enabled= 結果

なし

スナップショット

ボリュームのスペースギャランティは変更されません。

なし

なし

ボリュームのスペース・ギャランティを「 none 」に設定します。

「 -reserve 」をクリックします

設定値が上書きされました

ボリュームのスペースギャランティを「 volume 」に設定します。

「 -noreserve 」を適用します

設定値が上書きされました

ボリュームのスペースギャランティを「 none 」に設定します。

なし

ボリューム

ボリュームのスペースギャランティを「 volume 」に設定します。

注記 「 -vbsr preview 」では、スペース予約オプションは確認されません。