日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapDrive for UNIX の機能

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX を使用すると、ストレージ管理タスクが簡易化されます。SnapDrive for UNIX は、 Snapshot テクノロジを使用して、共有または非共有のストレージシステムに格納されたデータのイメージを作成します。SnapDrive はストレージプロビジョニングにも役立ちます。

SnapDrive for UNIX では、次のタスクを実行できます。

  • データのバックアップとリストア: SnapDrive for UNIX では、 Snapshot テクノロジを使用して、ストレージ・システムに保存されているホスト・データのイメージ( Snapshot コピー)を作成できます。この Snapshot コピーはデータのコピーを提供します。このコピーはあとでリストアできます。Snapshot コピーのデータは、 1 つのストレージシステム上に存在することも、複数のストレージシステムとそのボリュームにまたがることもできます。これらのストレージシステムは、 HA ペア構成、ノードローカルのファイルシステムまたはディスクグループ、あるいはホストクラスタ環境の LUN にすることができます。

  • * ストレージの管理: * ディスク・グループ ' ホスト・ボリューム ' ファイル・システム ' ホスト・クラスタ上の LUN ' 非クラスタ環境などのストレージ・コンポーネントを作成および削除できますSnapDrive for UNIX では、ストレージを拡張し、ホストに接続し、接続を解除することで、このストレージを管理できます。

  • ロールベースアクセス制御 : SnapDrive for UNIX は、ロールベースアクセス制御 (RBAC) を提供します。RBAC を使用すると、 SnapDrive 管理者は、さまざまな SnapDrive 処理においてストレージシステムへのアクセスを制限できます。このストレージ操作へのアクセス権は、ユーザに割り当てられているロールによって異なります。ストレージ管理者は、 RBAC を使用して、割り当てられたロールに応じて SnapDrive ユーザが実行できる処理を制限できます。