日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージ作成処理に必要な情報

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

ストレージ作成処理が完了したら、いくつかの情報を指定する必要があります。

次の表に、 SnapDrive storage create コマンドを使用してストレージを作成するときに入力する必要がある情報を示します。

要件 引数

プロビジョニングするストレージのタイプを決定します。入力したコマンドに基づいて、次のいずれかを作成できます。

  • LUN

    1 つ以上の LUN を作成する場合は、最初の引数で LUN 名の長い形式を使用する必要があります。長い形式の LUN 名には、ストレージシステム名、ボリューム名、ボリューム内の LUN の名前を指定します。

    追加の LUN を指定する場合は、新しい LUN が以前の LUN と同じストレージ・システムおよびボリューム上にある場合に、 LUN 名(省略名)を単独で使用できます。それ以外の場合は、新しいストレージ・システム名とボリューム名(またはボリューム名)を指定して以前の値を置き換えることができます。

  • LUN 上に直接作成されるファイルシステム

    LUN 上にファイル・システムを作成する場合 ' 最初の引数はマウント・ポイントにする必要がありますストレージ・システムとボリュームの LUN にファイル・システムを作成するには '___fileervol' 引数を使用して ' ストレージ・システムとボリュームの名前を指定します特定の LUN 上にファイル・システムを作成するには '--lun_' 引数を使用して ' ストレージ・システム名 ' ボリューム名 ' および LUN 名を指定しますまた、ホスト LVM をアクティブ化せずに LUN 上にファイルシステムを作成するには、「 -nolvm 」オプションも指定する必要があります。

    デフォルトでは、 SnapDrive for UNIX は、 LUN のホストの準備と検出に関連するすべてのタスクに加え、マッピングと接続を自動的に実行します。

  • ホストボリュームとファイルシステムを含む LVM ディスクグループ

    ディスクまたはボリュームグループ、ファイルシステム、またはホストまたは論理ボリュームを指定すると、 SnapDrive for UNIX は、指定したエンティティの作成に必要なすべての操作を実行します。LUN は明示的に指定するか、ストレージシステムとボリュームの情報を提供するだけで、 SnapDrive for UNIX で自動的に作成されます。

    ファイルシステムなどのエンティティを作成する場合、ディスクやボリュームグループの値を指定する必要はありません。SnapDrive for UNIX では、自動的に作成されます。

  • LUN ( -lun )

'*long_lun_name *

  • LUN を追加します

LUN_name ( ロングまたはショートフォーム )

  • ディスク・グループ( dg * dgname * )またはボリューム・グループ( vg * vgname * )

'disk' または 'volume group name

SnapDrive for UNIX では '-ddg オプションを指定して入力した値に基づいて 'LUN を保持するディスクまたはボリューム・グループを作成しますグループに指定する名前が存在していない必要があります。

  • ホスト・ボリューム (-hostvol*file_spec*') または論理ボリューム (-lvol*file_spec*`)

'Host' または 'logical volume name

  • ファイルシステム (-fs*file_spec*)

'filesystem_name'

「 -nolvm 」と入力します

~

  • 必須: LUN 上に直接存在するファイル・システムを作成する場合は '-nolvm' オプションを指定します

  • LUN サイズ( -lunsize' )

「 * size * 」と入力します

  • ディスクグループサイズ (`-dgsize')

  • ボリューム・グループ・サイズ( -vgsize )

「 * size * 」と入力します

作成する各エンティティのサイズをバイト単位またはその他のデータ単位で指定します。LVM エンティティのサイズは、要求した LUN のアグリゲートサイズによって異なります。

ホスト・エンティティのサイズを制御するには '-dgsize' オプションを使用して ' 基盤となるディスク・グループのサイズをバイト単位で指定します

  • ストレージ・システム・ボリュームへのパス( -fileervol` )

'long_filer_path

  • 「 -lun' 」と入力します

'*long_lun_path *

SnapDrive for UNIX で LUN を自動的に作成するストレージ・システムとそのボリュームを指定します。

  • LUN を作成するストレージ・システムおよびボリュームを指定するには '-filol` オプションを使用します

    LUN を指定しないでください。SnapDrive for UNIX では、 SnapDrive storage create コマンドのこの形式を使用すると、自動的に LUN が作成されます。LUN ID と各 LUN のサイズは、システムデフォルトを使用して決定されます。関連付けられたディスク / ボリュームグループの名前は、ホストボリュームまたはファイルシステムの名前に基づいています。

  • 使用する LUN に名前を付けるには '-lun' オプションを使用します

ファイル・システム・タイプ(「 -fstype 」)

「 * type * 」と入力します

ファイルシステムを作成する場合は、ファイルシステムタイプを表す文字列を指定します。

Solaris の場合 'UNIX 用 SnapDrive は 'vxfs' または UFS を受け入れます

注記 デフォルトでは、 SnapDrive for UNIX は、ホストプラットフォームにファイルシステムタイプが 1 つしかない場合にこの値を提供します。その場合は入力する必要はありません。

「 -vmtype 」と入力します

「 * type * 」と入力します

  • オプション: SnapDrive for UNIX 操作に使用するボリューム・マネージャのタイプを指定します。

「 -fsopts 」

'*' オプション名と値 *

「 -mntopts 」と入力します

'*' オプション名と値 *

「 -nopersist` 」

~

`-reserve

-noreserve `

~

  • オプション: * ファイルシステムを作成する場合は、次のオプションを指定できます。

  • ファイル・システムの作成に使用する host コマンドに渡すオプションを指定するには 'fsopts を使用しますたとえば、「 mkfs 」コマンドで使用するオプションを指定できます。通常、指定する値は引用符で囲んだ文字列である必要があり、コマンドに渡すテキストを正確に含める必要があります。

  • ホスト・マウント・コマンドに渡すオプションを指定するには '-mntopts' を使用します(たとえば ' ホスト・システム・ロギング動作を指定する場合)指定したオプションは、ホストファイルシステムのテーブルファイルに保存されます。使用できるオプションは、ホストファイルシステムのタイプによって異なります。

    「 -mntopts 」引数は、「 m ount 」コマンドの「 -o 」フラグで指定されたファイルシステムの「 -type 」オプションです。「 -mntopts 」引数に「 -o 」フラグを含めないでください。たとえば、シーケンス「 -mntopts tmplog 」は、文字列「 -o tmplog 」を「 m ount 」コマンドに渡し、テキスト tmplog を新しいコマンドラインに挿入します。

    注記 ストレージおよびスナップ操作に無効な「 -mntops 」オプションを渡した場合、 SnapDrive for UNIX はそれらの無効なマウントオプションを検証しません。
  • ホスト上のファイル・システム・マウント・テーブル・ファイルにエントリを追加せずに ' -nosist' を使用してファイル・システムを作成しますデフォルトでは、 SnapDrive storage create コマンドは永続マウントを作成します。Solaris ホスト上に LVM ストレージエンティティを作成すると、 SnapDrive for UNIX によってストレージが自動的に作成され、ファイルシステムがマウントされ、ホストファイルシステムテーブルにそのファイルシステムのエントリが格納されます。

  • -reserve

-noreserve を使用して、スペース・リザベーションを作成するかどうかに関係なく、ストレージを作成します。

-deviceType

~

--deviceType' オプションは 'UNIX 操作の SnapDrive に使用するデバイスのタイプを指定しますタイプは、共有、 LUN のスコープ、ディスクグループ、およびファイルシステムのホストクラスタ全体のスコープ、または専用のいずれかになります。専用の場合、 LUN 、ディスクグループ、およびファイルシステムのスコープはローカルになります。

ストレージの作成プロセスはホストクラスタのマスターノードから開始されますが、 LUN の検出とホストの準備は各ホストクラスタノードで実行する必要があります。したがって、すべてのホストクラスタノードで、 SnapDrive for UNIX の rsh または ssh access-without -password - プロンプトが許可されていることを確認する必要があります。

SFRAC 管理コマンドを使用すると、現在のクラスタマスターノードを確認できます。--deviceType' オプションは 'UNIX 操作の SnapDrive に使用するデバイスのタイプを指定しますこのオプションをサポートする UNIX コマンド用の SnapDrive で '-deviceType' オプションを指定しない場合は '-deviceType dedicated と同じになります

  • igroup 名(「 * -igroup * 」)

ig_name

  • オプション: * igroup 名を指定する代わりに、デフォルトの igroup を使用することを推奨します。