日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

一部のコンフィギュレーションコマンド

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX の設定に役立つコマンドはいくつかあります。

次の表に、 SnapDrive for UNIX の設定に役立つその他のコマンドをまとめます。

コマンドまたはアクション 説明

SnapDrive for UNIX ソフトウェアのバージョンの設定と確認

「 * SnapDrive config show * 」と表示されます

「 napdrive.conf 」ファイルの値を確認します。

「 * SnapDrive version * 」と入力します

SnapDrive for UNIX のバージョンを確認します。

snapdrived start

SnapDrive for UNIX デーモンを開始します。

*lun SnapDrive config は LUN-count の値 *' を準備します

[-deviceType { shared

dedicated]

ホストで特定の数の LUN を作成する準備と、作成可能な LUN の数を決定します。

*SnapDrive config set -viadmin <user><viadmin_name> *`

Solaris x86 ゲスト OS で RDM LUN を作成するよう、ゲストを準備します。

注記 これらのコマンドは、 Host Utilities のない FCP プロトコルを使用する Solaris x86 ホストでのみ使用してください。

「 * SnapDrive クローン・スプリット * 」

ボリュームクローンまたは LUN クローンについて、スプリットのステータスを概算、開始、停止、および照会します。

'*SnapDrive 構成チェッククラスタ *

Solaris ホスト上の SFRAC クラスタ環境で、次の点を確認します。

  • SnapDrive for UNIX のバージョン

  • グループメンバーシップサービス / Atomic Broadcast ( GAB )の設定

  • クラスタのステータス

  • ホストクラスタボリュームマネージャ( CVM )のステータス

  • ホストクラスタノード内のセキュアな通信に rsh または ssh を使用したアクセス方法

  • 「 napdrive.conf 」ファイルの次の設定変数値の設定に違いがあります。

    • default-transport=fcp

    • multipathing-type=DMP

'napdrive.conf' ファイルの変数を編集します

ログファイルのパス名とオプションを変更します。SnapDrive for UNIX では、次の 3 つのファイルに情報が記録されます

  • 監査ファイル

  • リカバリファイル

  • トレースファイル

ホストとストレージシステム間のアクセス制御権限を設定および表示する

アクセス制御パーミッション・ファイル( sd`hostname`.prbac )を ' そのホストに関連づけられているストレージ・システム上で編集します

ホストがストレージシステムに付与するアクセス制御権限を指定します。ストレージシステム上のホストには、次のアクセスレベルを設定できます。

  • none — アクセスなし。

  • snap create — Snapshot コピーを作成します

  • snap use — Snapshot コピーを削除して名前を変更します

  • snap all — Snapshot コピーを作成、リストア、削除、および名前変更します。

  • storage create delete — ストレージの作成、サイズ変更、および削除を行います。

  • ストレージの使用 — ストレージを接続して切断します

  • Storage All :ストレージの作成 ' 削除 ' 接続 ' 切断を行います

  • all access — すべての操作。

* SnapDrive config access show <filer_name> *

ホストからストレージシステムへのアクセス制御権限に関する情報を表示する

SnapDrive config delete <filername> [<filername> 。。.]