日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapDrive for UNIX でのユーザクレデンシャルの設定

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX 管理者は、 Operations Manager コンソール管理者からユーザクレデンシャルを受け取ります。ストレージが適切に動作するためには、これらのユーザクレデンシャルを SnapDrive で設定する必要があります。

手順
  1. ストレージシステムで SD-admin を設定します。

    [root]#snapdrive config set -dfm sd-admin ops_mngr_server
    Password for sd-admin:
    Retype password:
  2. ストレージシステムで SD-hostname を設定します。

    [root]#snapdrive config set sd-unix_host storage_array1
    Password for sd-unix_host:
    Retype password:
  3. SnapDrive config list コマンドを使用して、手順 1 と手順 2 を確認します。

    user name       appliance name          appliance type
    ----------------------------------------------------
    sd-admin        ops_mngr_server         DFM
    sd-unix_host    storage_array1          StorageSystem
  4. SnapDrive for UNIX で Operations Manager コンソールの Role Based Access Control ( RBAC ;ロールベースアクセス制御)を使用するように設定するには、「 napdrive.conf 」ファイルの設定変数「 _rbac - method="dfm" _ 」を設定します。

    注記 ユーザ・クレデンシャルは暗号化され ' 既存の sdupw ファイルに保存されます以前のファイルのデフォルトの場所は、「 /opt/ONTAPsnapdrive/.sdupw 」です。