日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VxVM エンティティを作成して LUN を指定する

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

ファイルシステム、論理ボリューム、ディスクグループなどのホストエンティティを作成し、作成する LUN を指定することができます。

手順
  1. コマンドラインで、次のコマンドを入力します。

    「 * SnapDrive storage create _ -host_lvm_fspec _ -lun_long_lun_name _ [lun_name … _] -lunsize[-igroup_ig_name_[ig_name…​]] [{-reserve | -noreserve }] 」 *

    この Solaris ホスト上の例では '3 つの LUN 上にファイル・システム acctfs を作成し ' その下にボリューム・グループとホスト・ボリュームの名前を明示的に指定しています各 LUN のサイズは 10GB です。

    「 # SnapDrive storage create -fs/mnt/acctfs -hostvol acctfsdg /acctfshv -lun acctfiler : /vol/vol1/Luna lunb lunc -lunsize 10g

    LUN acctfiler:/vol/vol1/lunA ... created
    LUN acctfiler:/vol/vol1/lunB ... created
    LUN acctfiler:/vol/vol1/lunC ... created
    mapping new lun(s) ... done
    discovering new lun(s) ... done
    LUN to device file mappings:
    - acctfiler:/vol/vol1/lunA => /dev/vx/rdmp/c4t0d3s2
    - acctfiler:/vol/vol1/lunB => /dev/vx/rdmp/c4t0d7s2
    - acctfiler:/vol/vol1/lunC => /dev/vx/rdmp/c4t0d8s2
    disk group acctfsvg created
    host volume acctfshv created
    file system /mnt/acctfs created