日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LUN のシンプロビジョニングを有効化

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX を使用して、ストレージシステムのシンプロビジョニングを実行できます。シンプロビジョニングは、スペースリザベーションとも呼ばれます。

手順
  1. コンフィギュレーション変数 'space-reservation-enabled _' を '_on' に設定します

    また、「 -reserve 」パラメータと「 -noreserve 」パラメータを使用して、シンプロビジョニングを有効にすることもできます。

    パラメータは、 -space-reservation-enabled 変数に指定された値を上書きします。

    LUN リザベーションを有効または無効にするには、次のコマンドで -reserve と -noreserve を使用します。

    • SnapDrive storage create

    • SnapDrive ストレージのサイズ変更

    • SnapDrive スナップ接続

    • SnapDrive スナップ・リストア

    デフォルトでは、 SnapDrive for UNIX を使用すると、新規または新規のストレージ作成処理でスペースリザベーションが有効になります。snap restore および snap connect 処理では、コマンド・ラインで「 ____reserve 」または「 --noreserve 」パラメータが指定されていない場合、または構成ファイル内の値がコメント解除されている場合、 Snapshot コピー内のスペース・リザベーションが使用されます。