日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snapshot コピーの表示に関するガイドライン

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

ワイルドカードを使用して Snapshot コピーを表示できます。特定のオブジェクトに存在するすべての Snapshot コピーを表示できます。

Snapshot コピーを使用する前に、次の点に注意してください。

  • Snapshot コピー名には、ワイルドカード( * )文字を使用できます。Snapshot の表示処理では、ワイルドカード文字を使用して、特定のパターンまたは特定のボリューム上のすべての Snapshot コピー名に一致するすべての Snapshot コピー名を表示できます。Snapshot コピー名にワイルドカードを使用すると、次のルールが適用されます。

    • ワイルドカードは名前の末尾でのみ使用できます。ワイルドカードは、 Snapshot コピー名の先頭または途中では使用できません。

    • Snapshot コピー名のストレージ・システムまたはストレージ・システム・ボリュームのフィールドでは、ワイルドカードを使用できません。

  • このコマンドを使用して、ストレージシステムとそのボリューム、ディスクグループ、ホストボリュームグループ、ファイルシステム、ホストボリュームなど、特定のオブジェクトのすべての Snapshot コピーを一覧表示することもできます。 論理ボリュームを定義できます。

  • SnapDrive snap show コマンドを入力したときに 'UNIX 用の SnapDrive ではどの Snapshot コピーも見つからなかった場合は ' 一致する Snapshot コピーがありませんというメッセージが表示されます コマンドラインで引数を指定し、引数の一部が存在しない場合、 SnapDrive for UNIX は Snapshot コピーが存在する引数の一部を返します。また、無効な引数も表示されます。

  • SnapDrive snap create コマンドが突然中断されると ' 不完全な '.stoc.xml' ファイルがストレージ・システム上のボリュームに格納されますそのため、ストレージシステムによってスケジュールされているすべての Snapshot コピーに、不完全な .stoc.xml ファイルのコピーが作成されます。SnapDrive snap list コマンドが正常に動作するようにするには ' 次の手順を実行します

手順
  1. ボリューム内の不完全な `.stoc.xml' ファイルを削除します

  2. 不完全な「 .stoc.xml」 ファイルが格納されたストレージ・システムで作成され、スケジュールされている Snapshot コピーを削除します。