日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Veritas スタック構成の確認

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

Veritas スタック構成を確認するには、 SnapDrive storage connect コマンドと vxdisk list コマンドを実行する必要があります。

Veritas スタック構成を確認するには、最初に次のアイテムがこの順序でインストールされていることを確認する必要があります。

  1. NTAPasl ライブラリ

  2. Veritas ライセンス

  3. Veritas スタック(ストレージ基盤)

  4. マルチパスライセンス

  5. SnapDrive for UNIX ソフトウェア

その後、次の手順を実行します。

手順
  1. オペレーティングシステム固有のデバイスに接続するには、次のコマンドを入力します。

    'SnapDrive storage connect-lun_long_lun_name_'

    long_lun_name は、 LUN 名です。

  2. 次のコマンドを入力して、デバイス情報を取得します。

    *vxdisk list *

次のいずれかの結果が表示されます。

  • ホスト上の Veritas 構成が正しい場合、デバイスステータスの想定される出力はです

    「 online invalid. 」のようになります

  • ホスト上の Veritas 構成が正しくない場合、想定されるデバイスステータスはです

    「エラー」

    NTAPasl ライブラリをインストールせずに Veritas スタックをインストールすると、このエラーメッセージが表示されます。このエラー・メッセージを修正するには 'NTAPasl ライブラリをインストールし 'vxinstall' コマンドを実行して 'LUN とディスク・グループをオンラインにする必要があります