日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapManager でのデータ保護に必要なライセンス

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

データ保護に必要なライセンスがプライマリストレージシステムとセカンダリストレージシステムにインストールされ、有効になっていることを確認する必要があります。

プライマリストレージシステムは、 Oracle データベースの最新のトランザクションの更新を受け取り、データを格納し、データベースのローカルバックアップ保護を提供します。プライマリストレージシステムでは、データベースのデータファイル、ログファイル、制御ファイルも保持されます。セカンダリストレージシステムは、保護されたバックアップのリモートストレージとして機能します。

データ保護を行うには、プライマリストレージシステムに次のライセンスをインストールし、有効にする必要があります。

注記 セカンダリストレージシステムでデータ保護を有効にする場合は、セカンダリストレージシステムでもライセンスをインストールして有効にする必要があります。
  • Data ONTAP 7-Mode ( 7.3.1 以降)または clustered Data ONTAP ( 8.2 以降)

  • SnapVault (保護ポリシーに応じて)

  • SnapRestore

  • SnapMirror (保護ポリシーに応じて)

  • FlexClone は、 Network File System ( NFS ;ネットワークファイルシステム)およびクローニングに必要です。

    また、 FlexClone は、 SAN 環境で FlexClone を使用するように SnapDrive が設定されている場合にのみ、 Storage Area Network ( SAN ;ストレージエリアネットワーク)に必要です。

  • NFS 、 Internet Small Computer System Interface ( iSCSI )、 Fibre Channel ( FC ;ファイバチャネル)など、適切なプロトコル

使用する保護ポリシーに基づいて、プライマリストレージシステムとセカンダリストレージシステムに SnapVault または SnapMirror を配置する必要があります。基本的なバックアップ保護ポリシーでは、サポート対象システムに SnapVault のみをインストールする必要があります。ミラー保護を含むポリシーでは、 SnapMirror をサポートするシステムにインストールする必要があります。バックアップおよびミラーのディザスタリカバリポリシーを使用するには、 SnapMirror をサポートするシステムにインストールする必要があります。