日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapManager によるセキュリティの維持方法

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager 処理は、適切なクレデンシャルがある場合にのみ実行できます。SnapManager のセキュリティは、ユーザ認証とロールベースアクセス制御( RBAC )によって管理されます。データベース管理者は、 RBAC を使用して、データベース内のデータファイルを保持するボリュームや LUN に対して SnapManager で実行できる処理を制限できます。

データベース管理者は、 SnapDrive を使用して SnapManager の RBAC を有効にします。次に、データベース管理者が SnapManager ロールに権限を割り当て、これらのロールを Operations Manager のグラフィカルユーザインターフェイス( GUI )またはコマンドラインインターフェイス( CLI )のユーザに割り当てます。RBAC 権限チェックは DataFabric Manager サーバで実行されます。

SnapManager では、ロールベースアクセスに加えて、パスワードのプロンプトまたはユーザクレデンシャルの設定によってユーザ認証を要求することでセキュリティを維持します。有効なユーザが SnapManager サーバで認証および許可されている。

SnapManager のクレデンシャルとユーザ認証は、 SnapManager 3.0 とは大きく異なります。

  • SnapManager 3.0 より前のバージョンでは、 SnapManager のインストール時に任意のサーバパスワードを設定していました。SnapManager サーバを使用する場合は、 SnapManager サーバのパスワードが必要です。smo credential set -host コマンドを使用して、 SnapManager サーバのパスワードをユーザクレデンシャルに追加する必要があります。

  • SnapManager ( 3.0 以降)では、 SnapManager サーバのパスワードが個々のユーザオペレーティングシステム( OS )認証に置き換えられています。ホストと同じサーバからクライアントを実行しない場合、 SnapManager サーバは OS のユーザ名とパスワードを使用して認証を実行します。OS パスワードの入力を求められない場合は、 smo credential set -hostコマンド を使用して SnapManager ユーザクレデンシャルキャッシュにデータを保存できます。

    注記 smo credential set -host コマンドでは、 smo .config ファイルの host.credentials" プロパティを true に設定した場合に、クレデンシャルが記憶されます。
  • 例 *

user1 と User2 は、 Prof2 というプロファイルを共有しています。このとき、 User2 は、 Host1 へのアクセスが許可されていないと、 Host1 の Database1 のバックアップを実行できません。User1 は、 Host3 へのアクセスが許可されていない Host3 にデータベースのクローンを作成することはできません。

次の表に、ユーザに割り当てられているさまざまな権限を示します。

権限のタイプ

ユーザ 1

ユーザ 2

ホストパスワード

ホスト 1 、ホスト 2

Host2 、 Host3

リポジトリパスワード

リポ 1.

リポ 1.

プロファイルパスワード

Prof1 、 Prof2

PROF2

User1 と User2 に共有プロファイルがなく、 User1 には Host1 と Host2 へのアクセスが許可されており、 User2 には Host2 へのアクセスが許可されているとします。このとき、 User2 は、 Host1 上で dump や system verify などのプロファイル以外のコマンドも実行できません。