日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapManager の動作状態

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager 処理(バックアップ、リストア、およびクローニング)はさまざまな状態になり、各状態が処理の進捗状況を示します。

処理の状態 説明

成功しました

処理が完了しました。

実行中です

処理は開始されましたが、完了していません。たとえば、 2 分かかるバックアップは、午前 11 時に実行されるようにスケジュールされています。午前 11 時 01 分に * Schedule * タブを表示すると、処理は running と表示されます。

操作が見つかりません

スケジュールが実行されていないか、最後に実行されたバックアップが削除されています。

失敗しました

処理に失敗しました。SnapManager によって中止プロセスが自動的に実行され、処理がクリーンアップされました。* 注: * 作成されたクローンをスプリットできます。開始したクローンスプリット処理を停止し、処理が正常に停止されると、クローンスプリット処理の状態は「 failed 」と表示されます。

リカバリ可能およびリカバリ不能なイベント

リカバリ可能な SnapManager イベントには、次の問題があります。

  • データベースは、 Data ONTAP を実行するストレージ・システムには保存されません。

  • Automatic Storage Management ( ASM )データベースは設定されていますが、 ASM インスタンスが実行されていません。

  • SnapDrive for UNIX がインストールされていないか、ストレージ・システムにアクセスできません。

  • ボリュームのスペースが不足している場合、 Snapshot コピーが最大数に達している場合、または予期しない例外が発生した場合、 SnapManager は Snapshot コピーの作成またはストレージのプロビジョニングに失敗します。

リカバリ可能なイベントが発生すると、 SnapManager は中断プロセスを実行し、ホスト、データベース、およびストレージシステムを開始状態に戻します。中断プロセスに失敗すると、 SnapManager はこのインシデントをリカバリ不能なイベントとみなします。

リカバリ不能な(アウトオブバンドの)イベントは、次のいずれかの状況で発生します。

  • ホスト障害などのシステム問題が発生した場合。

  • SnapManager プロセスが停止します。

  • ストレージシステムに障害が発生した場合、論理ユニット番号( LUN )またはストレージボリュームがオフラインになった場合、またはネットワークに障害が発生した場合は、インバンドの中断処理が失敗します。

回復不能なイベントが発生すると、 SnapManager はただちに中断プロセスを実行します。ホスト、データベース、およびストレージシステムが初期状態に戻らない可能性があります。その場合は、孤立した Snapshot コピーを削除して SnapManager ロックファイルを削除することで、 SnapManager 処理が失敗したあとにクリーンアップを実行する必要があります。

SnapManager ロックファイルを削除する場合は、ターゲットマシンの $ORACLE_HOME に移動して、 sm_created ファイルを削除します。ファイルを削除したら、 SnapManager for Oracle サーバを再起動する必要があります。