日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

smo notification set コマンド

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

通知セットコマンドを使用してメールサーバを設定できます。

構文

        smo notification set
-sender-email email_address
-mailhost mailhost
-mailport mailport
[-authentication
-username username
-password password]
-repository
-dbname repo_service_name
-port repo_port]
-host repo_host
-login -username repo_username
[-quiet | -verbose]

パラメータ

  • * -sender - email email_address *

    E メールアラートの送信元の E メールアドレスを指定します。SnapManager 3.2 for Oracle では、 E メールアドレスのドメイン名を指定する際にハイフン( - )を使用できます。たとえば、送信者の E メールアドレスを -sender-email07lbfmdatacenter@continental-corporation.com と指定できます。

  • * -mailhost mailhost*

    E メール通知を処理するホストサーバの名前または IP アドレスを指定します。

  • -mailport mailport

    メールサーバのポート番号を指定します。

  • * -authentication-username username USERNAME - password password*

    E メールアドレスの認証の詳細を指定します。ユーザ名とパスワードを指定する必要があります。

  • * - リポジトリ *

    リポジトリ・データベースの詳細を指定します。

  • * -port repo_port *

    リポジトリデータベースへのアクセスに使用する TCP ( Transmission Control Protocol )ポート番号を指定します。

  • * -dbname repo_service_name *

    リポジトリ・データベースの名前を指定します。グローバル名またはシステム ID を使用できます。

  • * -host repo_host *

    リポジトリ・データベースが置かれているホストの名前または IP アドレスを指定します。

  • * - ログイン *

    リポジトリ・ログインの詳細を指定します。これはオプションです。指定しない場合、 SnapManager はデフォルトで OS 認証接続モードになります。

  • * -username repo_username *

    リポジトリ・データベースへのアクセスに必要なユーザ名を指定します。

  • * - Quiet *

    コンソールにエラーメッセージのみを表示します。デフォルトでは、エラーおよび警告メッセージが表示されます。

  • * -verbose *

    エラー、警告、および情報メッセージがコンソールに表示されます。

次の例では、メールサーバを設定します。

smo notification set -sender-email admin@org.com -mailhost hostname.org.com -mailport 25 authentication -username davis -password davis -repository -port 1521 -dbname SMOREPO -host hotspur
-login -username grabal21 -verbose