日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

smo credential delete コマンド

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

このコマンドは、特定のセキュアリソースのユーザクレデンシャルを削除します。

構文

        smo credential delete
\[-host -name host_name
-username username\] \|
[-repository
-dbname repo_service_name
-host repo_host
-login -username repo_username
-port repo_port\] \|
\[-profile
-name profile_name\]
[-quiet | -verbose]

パラメータ

  • * - ホスト名 *

    SnapManager が実行されているホストサーバの名前を指定します。

    host パラメータには、次のオプションがあります。

    • -name host_name :パスワードを削除するホストの名前を指定します。

    • -username user_name :ホスト上のユーザ名を指定します。

  • * -repository -dbname *

    プロファイルが格納されたデータベースの名前を指定します。グローバル名または SID を使用します。

    repository パラメータには、次のオプションが含まれます。

    • -dbnamerepo_service_name :プロファイルを格納するデータベースの名前を指定します。グローバル名または SID を使用します。

    • -host repo_host :リポジトリ・データベースが稼働しているホスト・サーバの名前または IP アドレスを指定します。

    • -login-username repo_username :リポジトリが格納されたデータベースにアクセスするために必要なユーザ名を指定します。

    • -port repo_port :リポジトリが格納されているデータベースへのアクセスに使用する TCP ポート番号を指定します。

  • * -profile-name profile_name *

    データベースに関連付けられたプロファイルを指定します。

    profile パラメータには、次のオプションが含まれています。

    • -name profilename :パスワードを削除するプロファイルの名前を指定します。

  • * - Quiet *

    コンソールにエラーメッセージのみを表示します。デフォルトでは、エラーおよび警告メッセージが表示されます。

  • * -verbose *

    エラー、警告、および情報メッセージがコンソールに表示されます。

コマンドの例

次に、プロファイルのクレデンシャルを削除する例を示します。

smo credential delete -profile -name user1 -verbose
SMO-20022 [INFO ]: Deleted credentials and repository mapping
 for profile "user1" in user credentials for "user1".

次に、リポジトリのクレデンシャルを削除する例を示します。

smo credential delete -repository -dbname SMOREPO -host Host2
-login -username user1 -port 1521
SMO-20023 [INFO ]: Deleted repository credentials for "user1@SMOREPO/wasp:1521"
and associated profile mappings in user credentials for "user1".

次に、ホストのクレデンシャルを削除する例を示します。

smo credential delete -host -name Host2
SMO-20033 [INFO ]: Deleted host credentials for "Host2" in user credentials for "user1".
  • 関連情報 *