日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クローニングの問題のトラブルシューティング

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ここでは、クローニング処理中に発生する可能性がある情報と、その解決方法について説明します。

現象 説明 回避策

アーカイブ先が Use_DB_RECOVERY_FILE_dest に設定されている場合、クローン処理は失敗します。

アーカイブ先が Use_DB_RECOVERY_FILE_dest を参照している場合、 Flash Recovery Area ( FRA )によってアーカイブログがアクティブに管理されます。SnapManager は、クローンまたはリストア処理中に FRA の場所を使用しないため、処理が失敗します。

FRA の場所ではなく、アーカイブ先を実際のアーカイブログの場所に変更します。

クローン処理に失敗し、「 Cannot perform operation : Clone Create 」というエラーメッセージが表示されます。Root 原因: Oracle-00001 : SQL の実行中にエラーが発生しました: [ALTER DATABASE OPEN RESETLOGS;]返されたコマンド ORA-0195 :ファイル 1 のオンラインバックアップでは、整合性を保つためにより多くのリカバリが必要です。

この問題は、 Oracle リスナーがデータベースに接続できない場合に発生します。

SnapManager GUI を使用してバックアップをクローニングする場合は、次の操作を実行します。

  1. リポジトリツリーで、 * リポジトリ * > * ホスト * > * プロファイル * をクリックして、バックアップを表示します。

  2. クローニングするバックアップを右クリックし、 * Clone * を選択します。

  3. Clone Initialization ページで ' 必須値を入力し ' クローン仕様方式を選択します

  4. Clone Specification ページで '* Parameters * を選択します

  5. [*+ パラメータ *] タブをクリックします。

  6. [ * パラメータ名 * ( * Parameter Name * ) ] フィールドに、名前として local_slistener を入力し、 [OK] をクリックします。

  7. local_listener 行の * デフォルトのオーバーライド * チェックボックスをオンにします。

  8. 任意のパラメータをクリックし、 local_listener パラメータをダブルクリックして、次の値を入力します。( address= ( protocol=tcp )( host=<your _host_name> )( port=<port#> )

  9. [ ファイルに保存( Save to File ) ] をクリックします。

  10. 「 * 次へ」をクリックして、クローン作成ウィザードを続行します。

CLI を使用してバックアップをクローニングする場合は、クローン仕様ファイルの * <parameters> * タグに次の情報を含める必要があります。

<parameters>
  <parameter>
  <name>local_listener</name>
  <value>(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=<hostname>)(PORT=<port#>)))</value>
  </parameter>
</parameters>

使用しているマウント・ポイントがすでに使用中であることを示すエラー・メッセージが表示されて、クローン処理に失敗します。

SnapManager では、既存のマウント・ポイントにクローンをマウントすることはできません。そのため、クローンが不完全なため、マウント・ポイントが削除されませんでした。

クローンが使用する別のマウントポイントを指定するか、問題のあるマウントポイントをアンマウントします。

データ・ファイルに .dbf 拡張子が含まれていないことを示すエラー・メッセージが表示されて、クローン処理に失敗します。

Oracle NID ユーティリティのバージョンによっては、 .dbf 拡張子を使用していないデータ・ファイルが処理されないことがあります。

  • データ・ファイルの名前を変更し、 .dbf 拡張子を付加します。

  • バックアップ処理を繰り返します。

  • 新しいバックアップをクローニングする。

要件を満たしていないためにクローニング処理が失敗する。

クローンを作成しようとしていますが、いくつかの前提条件が満たされていません。

前提条件を満たすための「クローンの作成」の説明に従ってください。

クローンスプリット処理のあとに SnapManager で新しいプロファイルの生成が失敗し、ユーザに新しいプロファイルが作成されたかどうかが示されません。

クローンスプリット処理のあとに新しいプロファイルが作成されない場合、 SnapManager はプロンプトを表示しません。プロンプトは表示されないため、プロファイルが作成されていると仮定します。

SnapManager のコマンドラインインターフェイス( CLI )で、 clone split-result コマンドを入力して、クローンスプリット処理の詳細な結果を表示します。

SnapManager for Oracle で、 Oracle 10gR2 ( 10.2.0.5 )の物理 Oracle Data Guard スタンバイデータベースのクローニングに失敗する。

SnapManager for Oracle では、 Oracle Data Guard サービスを使用して作成された Oracle 10gR2 ( 10.2.0.5 )の物理スタンバイデータベースのオフラインバックアップを実行している場合、管理対象リカバリモードを無効にすることはできません。この問題により、オフライン・バックアップには整合性がありません。SnapManager for Oracle でオフライン・バックアップのクローニングを実行しようとしても、クローン・データベースに対しては一切のリカバリを実行しません。バックアップは一貫性がないため、クローンデータベースのリカバリが必要になるため、 Oracle でクローンを正常に作成できません。

Oracle データベースを Oracle 11gR1 ( 11.1.0.7 パッチ)にアップグレードします。

リモートホストへのバックアップのクローニングが失敗して、「 Error : Access is denied 」というエラーメッセージが表示されます。

マウント中に、 snap mount コマンドにホストの IP アドレスを指定すると、クローニング処理が失敗する場合があります。この問題は、データベースが存在するホストがワークグループにあり、リモートホストがドメインにある場合、またはその逆の場合に発生します。

リモートホストとデータベースが配置されているホストの両方が、ワークグループではなくドメインにあることを確認する必要があります。