日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

resetlogs を実行しないでデータベースバックアップをクローニングする

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager では柔軟なクローニングを実行できるため、 resetlogs を使用してデータベースを開かなくても、クローンデータベースを希望の時点に手動でリカバリできます。クローニングされたデータベースを Data Guard Standby データベースとして手動で設定することもできます。

クローンの作成時に -no-resetlogs オプションを選択すると、 SnapManager はクローンデータベースを作成するために次の処理を実行します。

  1. クローン処理を開始する前に、前処理タスクアクティビティを実行します(指定されている場合)

  2. ユーザ指定の SID を持つクローンデータベースを作成します

  3. クローニングされたデータベースに対して発行された SQL ステートメントを実行します。

    マウント状態で実行できる SQL ステートメントのみが正常に実行されます。

  4. 指定されている場合は、後処理タスクアクティビティを実行します。

    • クローン・データベースを手動でリカバリするために必要な作業 *

  5. マウントパスのアーカイブログファイルを使用して、アーカイブログバックアップをマウントし、クローンデータベースを手動でリカバリします。

  6. 手動リカバリの実行後、 resetlogs オプションを指定してリカバリされたクローンデータベースを開きます。

  7. 必要に応じて、一時表領域を作成します。

  8. DBNEWID ユーティリティを実行します。

  9. クローニングされたデータベースのクレデンシャルに sysdba 権限を付与します。

no-resetlogs オプションを使用してデータベースバックアップをクローニングしている間、 SnapManager は手動リカバリのためにクローンデータベースをマウント状態のままにします。

注記 no-resetlogs オプションで作成されたクローンデータベースは完全なデータベースではありません。したがって、このデータベースに対して SnapManager 処理を実行しないでください。ただし、 SnapManager では処理の実行が制限されません。

no-resetlogs オプションを指定しないと、 SnapManager はアーカイブログファイルを適用し、 resetlogs でデータベースを開きます。

  1. 次のコマンドを入力します。 smo clone create -profile profileprofile_name [-backup-labelbackup_name | -backup-idbackup_id | current] -newsidnew_sid -clonespecfull_path_to_clonespecfile -no-resetlogs

    no-resetlogs と recovery-from-location の両方のオプションを指定しようとすると、 SnapManager で両方のオプションを同時に指定できず、エラーメッセージが表示されます。 SMO-04084 : -no-resetlogs または -recovery-from-location のいずれかのオプションを指定する必要があります。

smo clone create -profile product -backup-label full_offline -newsid PROD_CLONE -clonespec prod_clonespec.xml -label prod_clone-reserve -no-reset-logs