日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ASM がインポートされたディスクを検出することを確認し

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

NFS 環境で Automatic Storage Management ( ASM )を使用している場合は、 SnapManager のインストール後に、 ASM が SnapManager によってインポートされたディスクを検出できることを確認する必要があります。これを行うには、 ASM ディレクトリのパスを ASM_DISKSTRING パラメータに追加します。

Oracle ツールを使用して、 ASM_DISKSTRING パラメータを編集できます。ASM_DISKSTRING の編集については、 Oracle のマニュアルを参照してください。

ASM ディスクパス /opt/NetApp/sm/ /mnt/* //disk' は、 ASM_DISKSTRING パラメータで定義されている既存のパスに追加する必要があります。たとえば、 ASM_DISKSTRING に定義されたパスが /mnt/my-as-mdisks/dir1/disk* で、 ASM ディスクパスの追加後、更新されたパスは「 /mnt/my-as-mdisks/dir1/disk* 、 /opt/NetApp//mnt//disk 」になります。

注記 ASM_DISKSTRING パラメータは、 ASM ディスクファイルのみと一致し、その他のファイルは一致しない必要があります。
  • 最初のアスタリスク( * )は、 SnapManager がルートマウントポイントに対して生成した名前を示します。

  • 2 番目の * は、マウント・ポイント内のディレクトリを示します。

  • 3 番目の * は NFS ファイルの名前を示します。

ディスクが /opt/netapp / smo/<smo -generated -name>// の下のディレクトリにマウントされている場合、 NFS ファイルシステムのトポロジに * が一致することを確認する必要があります。

  1. NAS 環境で NFS を使用している ASM ディスクを使用している場合は、 ASM_DISKSTRING パラメータを編集して、現在の ASM ディレクトリパスを参照するようにします。

    ASM ディスクのマウントポイントが /mnt/my-asm-disks//disk の場合、 ASM_DISKSTRING の編集後、更新されたパスは /opt/NetApp/smt/ mnt/my-asm-disks-20081012/disk2.nfs になります。ASM_DISKSTRING パラメータは、 /opt/netapp / smo//mnt/* /disk * という形式になります。

    • 最初の * は my-asm-disks-20081012 に一致します。

    • ディスク * は disk2.nfs と一致します。ASM_DISKSTRING パラメータを編集した後、 SnapManager によってインポートされたディスクを検出した ASM の結果は次のようになります。

    • NFS disk1 の ASM のクローンは、 /opt/netapp / sm/mnt/mnt -asm-disks-20081012/dir1/disk2.nfs です。

    • NFS ディスク 2 上の ASM のクローンは、 /opt/netapp / smnt/mnt /mnt -asm-disk-20081012 /dir1/disk2.nfs です。ASM_DISKSTRING パラメータは、 /opt/netapp/sm//mnt//disk の形式になります。

    • 最初の * が -MNT-My-ASM-disks - 20081012 と一致します。

    • 2 つ目の * は dir1 と一致します。

    • 3 つ目の * は disk2.nfs と disk2.nfs に一致します。

  2. Storage Area Network ( SAN ;ストレージエリアネットワーク)環境で ASM ディスクを使用する場合は、環境に応じて次のいずれかの処理を実行します。

    ASM ディスクで使用するドライブ 作業

    Linux 上の FCP および iSCSI を使用した ASMlib

    文字デバイスのみを使用して、 Oracle ソフトウェアの所有者とユーザのプライマリグループの権限を変更します。ASM_DISKSTRING パスは、 ASM DISKSTRING = ORCL : * である必要があります。

    AIX 上の FCP および iSCSI

    ASM ディレクトリパスまで、 ASM_DISKSTRING パラメータのパス名を追加します。ASM_DISKSTRING パスは、 ASM DISKSTRING = /dev/hdsk / * である必要があります。 * は ASM ディスク名です。

    Solaris の場合は FCP および iSCSI

    ASM ディレクトリパスまで、 ASM_DISKSTRING パラメータのパス名を追加します。ASM_DISKSTRING パスは、 ASM DISKSTRING = /dev/rdsk/ * である必要があります。 * は ASM ディスク名を示します。

    [+]