日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データベースのプロファイルを作成しています

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

データベースに対して処理を実行するには、そのデータベースのプロファイルを作成する必要があります。プロファイルにはデータベースに関する情報が格納されており、参照できるデータベースは 1 つだけですが、データベースは複数のプロファイルから参照できます。1 つのプロファイルを使用して作成されたバックアップは、両方のプロファイルが同じデータベースに関連付けられていても、別のプロファイルからはアクセスできません。

対象のデータベースの詳細が /etc/oratab ファイルに含まれていることを確認する必要があります。

以下の手順では、 SnapManager UI を使用してデータベースのプロファイルを作成する方法を示します。必要に応じて、 CLI を使用することもできます。

CLI を使用してプロファイルを作成する方法については、『 SnapManager for Oracle アドミニストレーションガイド UNIX_ 』を参照してください。

  1. リポジトリツリーで ' リポジトリまたはホストを右クリックし ' プロファイルの作成 * を選択します

  2. プロファイル設定情報ページで、プロファイルのカスタム名とパスワードを入力します。

  3. Database Configuration Information ページで、次の情報を入力します。

    フィールド

    手順

    • データベース名 *

    バックアップするデータベースの名前を入力します。

    • データベース SID *

    データベースの Secure ID ( SID ;セキュア ID )を入力します。データベース名とデータベース SID は同じにすることができます。

    • ホスト *

    ターゲット・データベースが置かれているホストの IP アドレスを入力します。ホスト名を Domain Name System ( DNS ;ドメインネームシステム)で指定した場合は、ホスト名も指定できます。

    • ホストアカウント *

    ターゲットデータベースの Oracle ユーザ名を入力します。ユーザのデフォルト値は oracle です。

    • ホストグループ *

    Oracle ユーザグループの名前を入力します。デフォルト値は、 dba です。

    [+]

  4. [ データベース接続情報 ] ページで、次のいずれかを選択します。

    選択する内容

    状況

    • O/S 認証 * を使用します

    データベースにアクセスするユーザを認証するには、オペレーティングシステムが管理しているクレデンシャルを使用します。

    • データベース認証を使用 *

    Oracle がパスワードファイル認証を使用して管理ユーザを認証できるようにします。適切なデータベース接続情報を入力します。

    • [*SYSDBA 特権ユーザー名 *] フィールドに、管理者権限を持つデータベース管理者の名前を入力します。

    • [ * パスワード * ] フィールドに、データベース管理者のパスワードを入力します。

    • [* ポート *] フィールドに、データベースが存在するホストへの接続に使用するポート番号を入力します。

      デフォルト値は 1521 です。

    • ASM インスタンス認証を使用 *

    Automatic Storage Management ( ASM )データベースインスタンスによる管理ユーザの認証を許可します。適切な ASM インスタンス認証情報を入力します。

    • [SYSDBA / SYSASM Privileged User Name] フィールドに、管理者権限を持つ ASM インスタンス管理者のユーザ名を入力します。

    • [* パスワード *] フィールドに、管理者のパスワードを入力します。

    • 注: * ASM 認証モードは、データベースホストに ASM インスタンスがある場合にのみ選択できます。

  5. [RMAN 構成情報 ] ページで、次のいずれかを選択します。

    選択する内容

    状況

    • RMAN を使用しないでください *

    バックアップ処理とリストア処理の管理に RMAN を使用しない。

    • 制御ファイルを使用して RMAN を使用する *

    制御ファイルを使用して RMAN リポジトリを管理している。

    • リカバリ・カタログを使用して RMAN を使用 *

    リカバリカタログデータベースを使用して RMAN リポジトリを管理している。透過ネットワーク印刷材( TNS )接続を管理するデータベースのリカバリカタログデータベース、パスワード、および Oracle ネットサービス名にアクセスできるユーザー名を入力します。

    [+]

  6. Snapshot Naming Information ページで、 Snapshot コピーの命名形式を指定する変数を選択します。

    smid 変数を命名形式に含める必要があります。smid 変数は ' 一意のスナップショット識別子を作成します

  7. [Policy Settings] ページで、次の手順を実行します。

    1. 各保持クラスの保持数と保持期間を入力します。

    2. [* 保護ポリシー *] ドロップダウンリストから、保護ポリシーを選択します。

      SnapMirror 関係と SnapVault 関係のどちらが確立されているかに応じて、 _SnapManager_cDOT _ ミラー _ または _SnapManager_cDOT _ ボールト _ ポリシーを選択する必要があります。

    3. アーカイブ・ログを個別にバックアップする場合は '[* バックアップ・アーカイブ・ログを個別にバックアップする *] チェックボックスをオンにし ' 保存期間を指定して ' 保護ポリシーを選択します

      データファイルに関連付けられているポリシーとは異なるポリシーを選択できます。たとえば、データファイルに _SnapManager_cDOT _ ミラー _ を選択している場合は、アーカイブログに _SnapManager_cDOT _ ボールト _ を選択できます。

  8. 通知設定の設定ページで、電子メール通知設定を指定します。

  9. History Configuration Information ページで、 SnapManager 操作の履歴を保持するオプションを 1 つ選択します。

  10. Perform Profile Create Operation ページで、情報を確認し、 * Create * をクリックします。

  11. 「 * 完了」をクリックしてウィザードを閉じます。

    処理が失敗した場合は、 * Operation Details * をクリックして、処理が失敗した原因を確認します。

    • 関連情報 *