日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snapshot コピーを使用してバックアップを作成する

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager では、プライマリ(ローカル)ストレージ、およびポストプロセススクリプトを使用してセカンダリ(リモート)ストレージにバックアップを作成できます。

Snapshot コピーとして作成されるバックアップはデータベースの仮想コピーであり、データベースと同じ物理メディアに格納されます。そのため、バックアップ処理にかかる時間が短縮され、ディスク間のフルバックアップに比べて必要なスペースも大幅に削減されます。SnapManager でバックアップできる項目は次のとおりです。

  • すべてのデータ・ファイル、アーカイブ・ログ・ファイル、および制御ファイル

  • 選択したデータ・ファイルまたは表領域、すべてのアーカイブ・ログ・ファイル、および制御ファイル

SnapManager 3.2 以降では、必要に応じて次のバックアップを作成できます。

  • すべてのデータファイルと制御ファイル

  • 選択したデータ・ファイルまたは表領域、および制御ファイル

  • アーカイブログファイル

注記 データ・ファイル、アーカイブ・ログ・ファイル、および制御ファイルは、異なるストレージ・システム、ストレージ・システム・ボリューム、または Logical Unit Number ( LUN ;論理ユニット番号)に配置できます。同じボリュームまたは LUN 上に複数のデータベースがある場合でも、 SnapManager を使用してデータベースをバックアップできます。