日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データベースバージョンのサポートと設定の概要

寄稿者 NetAppZacharyWambold このページの PDF をダウンロード

SnapManager でサポートされるデータベースのバージョンと設定を確認しておく必要があります。基本的なデータベースレイアウトと設定のセットアップを実行して、処理を正常に実行する必要があります。

SnapManager for Oracle は、 Oracle バージョン 10gR2 ( 10.2.0.5 )、 11gR1 、 11gR2 ( 11.2.0.1 および 11.2.0.2 )、および 12_c__ と統合され、 Recovery Manager ( RMAN )などのネイティブの Oracle テクノロジ、およびファイバチャネル( FC )および Internet Small Computer System Interface ( iSCSI )プロトコルを使用します。

注記 SnapManager 3.2 および 10g R2 ( 10.2.0.5 より前)では、 Oracle データベース 9i は SnapManager 3.3.1 ではサポートされません。

SnapManager for Oracle で管理する Oracle データベースを導入する場合は、 _ SnapManager for Oracle Best Practices _ を参照してください。