日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ダンプ・ファイル

寄稿者 NetAppZacharyWambold このページの PDF をダウンロード

ダンプファイルは、 SnapManager とその環境に関する情報が格納された圧縮ログファイルです。作成されるログファイルには、処理、プロファイル、およびシステムダンプファイルの種類があります。

グラフィカルユーザーインタフェース( GUI )の dump コマンドまたは * Create Diagnostics * タブを使用して、操作、プロファイル、または環境に関する情報を収集できます。システムダンプにはプロファイルは必要ありませんが、プロファイルおよび処理ダンプにはプロファイルが必要です。

SnapManager のダンプ・ファイルには、次の診断情報が格納されています。

  • 実行された手順

  • 各ステップが完了するまでの時間

  • 各手順の結果

  • 処理中にエラーが発生した場合は、そのエラーです

注記 SnapManager のログファイルまたはダンプファイルを使用すると、 root ユーザおよび root ユーザグループに属するその他のユーザに対してのみ読み取りおよび書き込み権限が有効になります。

SnapManager のファイルには、次の情報も含まれています。

  • オペレーティングシステムのバージョンとアーキテクチャ

  • 環境変数( Environment Variables )

  • Java のバージョン

  • SnapManager のバージョンとアーキテクチャ

  • SnapManager の環境設定

  • SnapManager メッセージ

  • log4j プロパティ

  • SnapDrive のバージョンとアーキテクチャ

  • SnapDrive ログファイル

  • Oracle のバージョン

  • Oracle OPatch のローカルインベントリの詳細

  • リポジトリデータベースの Oracle のバージョン

  • ターゲットのデータベースタイプ(スタンドアロン)

  • ターゲット・データベースの役割(プライマリ、物理スタンバイ、または論理スタンバイ)

  • ターゲット・データベースの Oracle Recovery Manager ( RMAN )のセットアップ( RMAN との統合なし、制御ファイルを含む RMAN 、またはカタログ・ファイルを使用した RMAN )

  • ターゲットのデータベースの Oracle バージョン

  • ターゲットデータベースの System Identifier ( SID ;システム ID )

  • RMAN データベース名と TNS 接続名

  • リポジトリデータベースのサービス名

  • ホストにデータベースインスタンスがインストールされている必要があります

  • プロファイル記述子

  • 最大共有メモリ

  • スワップ・スペース情報

  • メモリ情報

  • マルチパス環境

  • Host Utilities のバージョン

  • Windows 用の Microsoft Internet Small Computer System Interface ( iSCSI )ソフトウェアイニシエータのバージョン

  • system verify コマンドの出力

ダンプファイルには、 Windows における SnapManager の制限事項も記載されています。

SnapManager ダンプファイルには、 SnapDrive データコレクタファイルと Oracle アラートログファイルも含まれています。smo operation dump コマンドと smo profile dump コマンドを使用すると、 Oracle アラート・ログ・ファイルを収集できます。

注記 システムダンプには Oracle のアラートログは含まれませんが、プロファイルと処理ダンプにはアラートログが含まれます。

SnapManager ホストサーバが実行されていない場合でも、コマンドラインインターフェイス( CLI )または GUI を使用してダンプ情報にアクセスできます。

問題が解決できない場合は、これらのファイルをネットアップグローバルサービスに送信できます。